リファイド ニュース
2024年06月26日(水)
 リファイド ニュース

【ギリシャ】再選挙の実施か?カギを握るのは急進左派連合

【ギリシャ】再選挙の実施か?カギを握るのは急進左派連合

このエントリーをはてなブックマークに追加
カロロス・パプリアス大統領が連立協議継続への仲介
ギリシャのカロロス・パプリアス大統領は、機能する政府を形成するために、14日、3政党の幹部を招集し、政権樹立に向けた協議を継続する意向を13日夜、発表。

すべての連立協議交渉が成立しなければ、遅くとも6月17日に再選挙が実施されることになるようだ。シュピーゲル誌オンライン版が14日、報じた。

重要なカギを握っているのは、急進左派連合(Syriza)である。同党のツィプラス党首は、パプリアス大統領との協議への参加を拒否した。さらに、第7党の民主左派は、急進左派連合(Syriza)が連立政権に参加しなければ、民主左派も連立には加わらないと表明。

連立協議
Image:Statista.deより/5月6日の総選挙の結果
再選挙の先にあるのは……
緊縮賛成派の新民主主義党(ND)と全ギリシャ社会主義運動(Pasok)だけでは、過半数に2議席足りない。そのために、両党は連立政権をともに組む政党が必要なのである。

最新の世論調査によると、再選挙が実施されれば急進左派連合(Syriza)が勝利し、新民主主義党(ND)は、第1党の座を譲ることになるとみられている。

ギリシャは、6月末までに、国際援助を受ける代わりに緊縮策を受け入れる新政府が樹立されていないと、破たんという最悪の事態に脅かされている。欧州当局者の間でも、ギリシャのユーロ圏からの離脱が公然と口にされるようになっている。

最新の世論調査で、ギリシャ人の72%が「安定した政権を形成するために、ありとあらゆる手を尽くす」ことを要求。さらに、78%が「ユーロ圏にとどまる」ことを望んでいた。この調査は、13日、アテネのTo Vima紙に掲載された。

外部リンク

シュピーゲル誌(Spiegel Online)
http://www.spiegel.de/politik/ausland/griechenland-alles-haengt-von-den-linksradikalen-ab-a-832973.html
Amazon.co.jp : 連立協議 に関連する商品
  • 小沢氏強制起訴に「離党せず」、菅首相は沈黙、仙石氏は「しりませ~ん」(2月1日)
  • 強制中絶の中国人夫婦を地方政府が「売国奴!」(7月2日)
  • エイリアン襲来時、頼りになるのはオバマ大統領!(6月30日)
  • 【速報】ESMと新財政協定に関する採択に延期を望む声-独連邦議会(6月30日)
  • 適度なコーヒーは心臓病リスクを軽減する(6月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ