リファイド ニュース
2018年09月22日(土)
 リファイド ニュース

大林組、低コスト・短工期を実現する「導電性自己修復マット」を開発

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

大林組、低コスト・短工期を実現する「導電性自己修復マット」を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
廃棄物最終処分場に敷設
株式会社大林組は12日、廃棄物最終処分場に敷設する「導電性自己修復マット」を開発したことを発表した。

リファイド
20~25%のコスト削減
今回開発された「導電性自己修復マット」は、埋め立て地の遮水において近年使用例が増加している「導電性マット」と「自己修復マット」を一体化したもので、敷設するマット減らすことでコスト低減と作業時間短縮を実現できる。

同マットは、従来の自己修復マットと同じ、水分に触れると膨張する粒状ベントナイトを上面の不織布と下面の織布で挟んで縫い合わせる構造ながら、上面の不織布に電気を通すカーボン繊維を混合することで「導電性マット」の機能を持たせている。

また、「導電性マット」と「自己修復マット」両方の機能を備え、材料費は「自己修復マット」より若干増加するものの「導電性マット」が不要となり作業時間も短縮できるので、従来より材料費含む工事費を20~25%削減できるとのことだ。

作業時間については、施工面積10,000の場合で、導電性マットと自己修復マット両方を敷設する場合と比較して15%程度短縮できる。

大林組では今後「導電性自己修復マット」を、多くの廃棄物最終処分場に提案し、さらなるコスト低減と工期短縮を図り、廃棄物処分事業の安全・安心に貢献していく考えだ。

(画像は大林組ホームページより)


外部リンク

大林組 プレスリリース
http://www.obayashi.co.jp/press/news_20180612_1


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 効率的なコミュニケーションでパートナーとの関係を改善へ(9月21日)
  • 人生100年時代、今年の高齢者表彰の数は?(9月21日)
  • 【pickupニュース】三鬼商事調べ、8月東京ビジネス地区のオフィス平均空室率が低下(9月20日)
  • 学校法人創価大学、「アイ・アム・ロヒンギャ」の上映会を開催(9月19日)
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック大会ボランティア 26日より募集開始(9月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ