リファイド ニュース
2019年07月23日(火)
 リファイド ニュース

ヨーロッパに不安の影を落とした 仏大統領選の第1回投票

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

ヨーロッパに不安の影を落とした 仏大統領選の第1回投票

このエントリーをはてなブックマークに追加
極右・国民戦線のルペン氏の躍進
フランス大統領選挙の第1回投票で極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン氏が躍進したことは、他の欧州連合(EU)諸国にとって気がかりなことである。アンゲラ・メルケル独首相は、この結果を
「不安にさせること」
だと語った。

ルクセンブルクのジャン・アッセルボルン副首相・外相は、
「極右・国民戦線の高い人気には、現職のサルコジ大統領に共同責任がある。」

と、述べた。ヴェルト誌オンライン版が23日、報じた。

ドイツのギド・ヴェスターヴェレ外相は、民主主義の2人、サルコジ、オランド両氏が決選投票で戦うことに安ど感を示した。

第1回投票ではオランド氏が得票率28.6%で首位に立ち、サルコジ大統領は27.1%。ルペン氏は17.9%で3位につけ、極右候補としては過去最大の票を獲得した。

仏大統領選
Image:RemiJDN
欧州各外相の意見
オーストリアのミヒャエル・シュピンデレガー外相は、ルクセンブルクで開かれた欧州連合(EU)外相会合において、
「われわれは、極右のルペン氏が多くの支持率を得たことについて、憂慮しなければならない。」
と、語った。

スウェーデンのカール・ビルト外相は、
「開かれた社会、開かれたヨーロッパに反対するこの雰囲気に不安を覚える。」
と、補足した。

ルペン氏の躍進は、フランスの問題だけでは終わらない。ユーロ危機を背景に他の国でも右翼ポピュリストと反ヨーロッパ主義の政党の台頭を導く可能性がある。ベルギー、デンマーク、フィンランド、オーストリア、オランダにも、これらの思想が強い政党が存在する。

外部リンク

ヴェルト誌(Welt Online)
http://www.welt.de/politik/ausland/article106217384/Merkel-nach-gutem-Ergebnis-fuer-Le-Pen-beunruhigt.html
Amazon.co.jp : 仏大統領選 に関連する商品
  • 小沢氏強制起訴に「離党せず」、菅首相は沈黙、仙石氏は「しりませ~ん」(2月1日)
  • 強制中絶の中国人夫婦を地方政府が「売国奴!」(7月2日)
  • エイリアン襲来時、頼りになるのはオバマ大統領!(6月30日)
  • 【速報】ESMと新財政協定に関する採択に延期を望む声-独連邦議会(6月30日)
  • 適度なコーヒーは心臓病リスクを軽減する(6月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ