リファイド ニュース
2024年06月26日(水)
 リファイド ニュース

【ロシア】原子力ロマンスに隠された「核の復興」計画

【ロシア】原子力ロマンスに隠された「核の復興」計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
2030年までに原子炉ブロック30基を建設
美人の核科学者ターニャと子どもっぽい原子力技術者の恋を描いた映画が、4月からロシアの映画館で上映されている。その名も「Atom-Iwan」。

福島第一原発事故から1年。ロシアの国営原子力企業ロスアトム(Rosatom)が、原発の近くでも問題なく生活でき、愛や苦悩もある日々を送れることを証明するために作ったプロモーション映画のようなものである。

ロシアは、断固として「核の復興」計画を進めるつもりである。ロシア国内だけでも、2030年までに新しく30基の原子炉ブロックを建設する予定である。それにより、消費エネルギーに占める原発の割合が、18%から25%へと上昇する。シュピーゲル誌オンライン版が9日、報じた。

ロシアは、今後数年間でヨーロッパのエネルギー市場に参入する予定を示した。ロシア西部のバルト海に接する港湾都市カリーニングラードの欧州連合(EU)の国境に近い場所に、ロスアトム社は、新しい2基の原子炉の基盤を置いた。この原子炉からヨーロッパに電力を販売する計画である。

国営原子力企業ロスアトム
Image:amazon.deより
核の野望
ロシアの核の野望は、海外へも向けられている。ロシアの技術者が、12月からベトナムに最初の原子炉ブロックを建設。2030年までにあと12基を建設予定。イランは、ロシアが建設を支援したイラン初の原子力発電所ブシェール原発に続き、あと5か所の原発建設計画を表明。

また、ベネズエラとアルメニア、ポーランド、トルコにおける原発建設計画も順調に進んでいる。

国営原子力企業ロスアトム
Image:GuenterHH
国民の13%だけが脱原発を望む
ロシア国民は政府の核開発計画に対し、ほとんど反対の姿勢をとっていない。26年前、旧ソビエト連邦で起こったチェルノブイリ原発事故の影が薄れてきている。2011年の福島第一原発事故の後の調査でも、ロシア国民の13%だけが脱原発を要求した。

ロシアは、チェルノブイリから教訓を学んだことと、「平和な核」を制御できることを確信しているようだ。

外部リンク

シュピーゲル誌(Spiegel Online)
http://www.spiegel.de/wirtschaft/unternehmen/0,1518,825976,00.html
Amazon.co.jp : 国営原子力企業ロスアトム に関連する商品
  • 小沢氏強制起訴に「離党せず」、菅首相は沈黙、仙石氏は「しりませ~ん」(2月1日)
  • 強制中絶の中国人夫婦を地方政府が「売国奴!」(7月2日)
  • エイリアン襲来時、頼りになるのはオバマ大統領!(6月30日)
  • 【速報】ESMと新財政協定に関する採択に延期を望む声-独連邦議会(6月30日)
  • 適度なコーヒーは心臓病リスクを軽減する(6月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ