リファイド ニュース
2019年07月17日(水)
 リファイド ニュース

2011年の世界の軍事費は横ばい、世界の武器貿易は24%増

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

2011年の世界の軍事費は横ばい、世界の武器貿易は24%増

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップは米国、2位は中国
スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(Stockholm International Peace Research Institute;以降SIPRI)の発表によると、2011年の世界の軍事費は、過去10年間ほぼ横ばいで、前年比0.3%増の約1兆7400億ドル(約140兆円)だった。これは近年の成長率を下回っている。シュテルン誌オンライン版が17日、報じた。

世界の軍事費のトップは米国で、中国とロシアがそれに続く。しかし、巨額の財政赤字を抱える米国は大幅な国防予算の削減により、軍事費は減少。ヨーロッパ諸国も削減の方向に向かっている。一方で、中国とロシアは増加傾向にある。

軍事費の支出の評価には、軍隊への給与、軍事投入費、管理費、兵器輸入費、開発費が含まれている。

世界の軍事費
Image:Bundeswehr-Fotos Wir.Dienen.Deutschland.
2大武器輸出国は米国とロシア
軍事費とは反対に、世界の武器貿易は伸び続けている。過去5年間で武器取引は2002から2006年までの5年間と比べ、世界中で24%増加した。SIPRIが3月19日、発表。

2大武器輸出国の米国(30%)とロシア(24%)を合わせて、世界の輸出量の半分以上を占めている。3位は9%でドイツ、4位は8%でフランス、5位は4%で英国。目立った動きは、中国が武器輸出国として台頭してきたことである。中国兵器の買い手は主にパキスタンである。

SIPRIによると、2007年から2011年までの世界最大武器輸入国は、10%でインドである。背景には、隣国パキスタンとの敵対関係や内部紛争、テロとの闘いが挙げられる。他の大きな武器輸入国は、韓国、パキスタン、中国、シンガポールである。

外部リンク

シュテルン誌(Stern Online)世界の軍事費に関する記事
http://www.stern.de/panorama/weltweite-militaerausgaben-china-und-russland-ruesten-auf-1814467.html

シュテルン誌(Stern Online)武器貿易に関する記事
http://www.stern.de/politik/ausland/stockholmer-studie-weltweiter-waffenhandel-waechst-ungebremst-1801842.html
Amazon.co.jp : 世界の軍事費 に関連する商品
  • 小沢氏強制起訴に「離党せず」、菅首相は沈黙、仙石氏は「しりませ~ん」(2月1日)
  • 強制中絶の中国人夫婦を地方政府が「売国奴!」(7月2日)
  • エイリアン襲来時、頼りになるのはオバマ大統領!(6月30日)
  • 【速報】ESMと新財政協定に関する採択に延期を望む声-独連邦議会(6月30日)
  • 適度なコーヒーは心臓病リスクを軽減する(6月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ