リファイド ニュース
2024年05月28日(火)
 リファイド ニュース

【米大統領選】打倒オバマに資金を注ぎ込む大富豪

【米大統領選】打倒オバマに資金を注ぎ込む大富豪

このエントリーをはてなブックマークに追加
目標:打倒オバマ
テキサス州の実業家ハロルド・シモンズ氏は、資産約100億ドルと推定される大富豪である。シモンズ氏は、これまでに約1800万ドルを米大統領選における共和党候補指名争いに注ぎ込んだ。バーゼル新聞オンライン版が22日付で報じた。

シモンズ氏の最大の目標は、とにかくオバマ大統領を負かすことである。氏は、
「オバマは生きているアメリカ人の中で、最も危険な人物だ。彼は、この国の自由企業を排除しようとしている。」

と言う。本気でそう思っているのだ。それゆえの膨大な共和党への献金額。11月までに、これまでの献金額を少なくとも倍増するつもりである。

米大統領選
Image: John Althouse Cohen
政党よりも重要なスーパーPAC
シモンズ氏のような大富豪は、いわゆる「特別政治活動委員会(スーパーPAC)」と呼ばれる組織の影にいる。このスーパーPACは、特定候補の公認支援団体ではないが、大きな特徴としては、献金額に制限がないことが挙げられる。

ただし、1つの条件がある。それは直接、候補者と調整できないことである。この条件は、シモンズ氏にとっては、なんの問題もない。氏の献金目的は、あくまでもオバマ大統領を打ち負かすことである。

そのためシモンズ氏は、共和党の候補者にまんべんなく資金を投入している。シモンズ氏は、
「私は、たくさんのお金を持っている。そして、そのお金を合法に献金する。ただし、決して民主党のためではない。」
と、語った。

米大統領選
Image:Mike Licht, NotionsCapital.com
巨額献金する富豪たち
「スーパーPAC」に資金を注ぎ込んでいる大富豪は他にもいる。例えば、伝説のヘッジファンドのシタデル(Citadel)の創設者にして最高経営責任者(CEO)であるケン・グリフィン氏や世界最大級の企業買収ファンドKKRの筆頭パートナー、ヘンリー・クラビス氏、元eBay社長兼最高経営責任者(CEO)のメグ・ホイットマン氏の夫であるスタンフォード大学医療センターの神経外科医グリフィス・ハーシュ4世などである。

基本的にシリコンバレーの大富豪は、共和党に共感するようだ。

外部リンク

バーゼル新聞(Basler Zeitung Online)
http://bazonline.ch/ausland/amerika/Diese-Milliardaere-finanzieren-den-Wahlkampf-gegen-Obama/story/17014957
Amazon.co.jp : 米大統領選 に関連する商品
  • 小沢氏強制起訴に「離党せず」、菅首相は沈黙、仙石氏は「しりませ~ん」(2月1日)
  • 強制中絶の中国人夫婦を地方政府が「売国奴!」(7月2日)
  • エイリアン襲来時、頼りになるのはオバマ大統領!(6月30日)
  • 【速報】ESMと新財政協定に関する採択に延期を望む声-独連邦議会(6月30日)
  • 適度なコーヒーは心臓病リスクを軽減する(6月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ