リファイド ニュース
2024年04月14日(日)
 リファイド ニュース

PKSHAが「PKSHA Voicebot」をレオパレス21に導入、AI音声対応で顧客体験向上へ

PKSHAが「PKSHA Voicebot」をレオパレス21に導入、AI音声対応で顧客体験向上へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼ ニュースのポイント
① レオパレス21に「PKSHA Voicebot」を導入
② テキストデータとして格納するヒアリング力を特に評価
③ 学習データの蓄積・分析を行い、サービスの改善を目指す

AI音声対応でカギの紛失などに関する1次対応窓口を開設
 PKSHA Technologyのグループ傘下PKSHA Communicationが、AI音声対話エンジン「PKSHA Voicebot」を、レオパレス21に2023年春から導入。2月27日からは、AI音声対応によるカギの紛失や不具合の1次対応窓口を開設した。

 「PKSHA Voicebot」は、深層学習と自然言語処理 (NLP) を活用したAI音声対話エンジンで、人間による対応と異なり、AIで24時間365日顧客対応などが可能となる。

 レオパレス21はDXを推進しており、顧客向けのデジタルチャネルの充実化が重要になっている中で、より顧客体験を充実させるために、電話からの問い合わせを自動化できるボイスボットに注目。必要な情報だけを抽出し、テキストデータとして格納するヒアリング力を特に評価し、「PKSHA Voicebot」を導入するに至った。

リファイド


「退室手続きの案内」などへのサポート範囲の拡大も
 レオパレス21においては今後、「カギの紛失・不具合」以外にも、「退室手続きの案内」などへのサポート範囲の拡大を図る。

 また、学習データの蓄積・分析を行い、サービスの改善も目指していく方針も示している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

PKSHA Technology
https://www.pkshatech.com/

PKSHA Technologyのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000085.000022705.html

▼ 会社概要
PKSHA Technologyは、自然言語処理、機械学習/深層学習技術に関わるアルゴリズムを研究開発し、PKSHA AI SaaS製品として社会実装を進めている。

会社名: 株式会社PKSHA Technology
代表取締役:上野山 勝也
本社所在地:東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル 4F


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • ファーストロジック、2024年1~3月期の投資用不動産市場調査の結果を公表(4月12日)
  • 日本一過酷な山岳レース「富士登山競走」(4月4日)
  • 潮の香りを楽しみながら走ろう「YOKOHAMA シーサイドマラソン」(4月3日)
  • 「京都・嵐山1dayパス」春と秋の期間限定で発売(4月3日)
  • コナンの作者の出身地を走る「すいか・ながいも健康マラソン大会」(4月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ