リファイド ニュース
2020年07月06日(月)
 リファイド ニュース

ボルグワーナー、インドOEMに排気ガス再循環技術を提供

ボルグワーナー、インドOEMに排気ガス再循環技術を提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
排気ガス再循環技術(EGR)の提供
2月4日、ボルグワーナーは、インド市場に1.5リッターガソリンエンジン用排気ガス再循環(EGR)クーラーおよび排気ガス再循環(EGR)チューブを導入すると発表した。インドの排ガス規制「BS VI(バーラト・ステージ6)」(2022年導入)および米国の自動車燃費基準(CAFE)を満たし、燃費改善・排ガス削減の実現を目指す。

新たな1.5リッターガソリンエンジン用EGRクーラーには、ガソリンエンジンに最適とされるハイブリッドチューブ技術が活用され、厳しいBS-VI基準を満たす。生産開始は2021年を予定している。また、メーカーのヨーロッパ工場にはコンポーネントを供給し、2020年に生産が開始される見込みである。

リファイド
インド市場に対するサポート
インドでは、排ガス規制の適用に伴い、乗用車のエンジンがディーゼルからガソリンへと移行している。2017年4月から排ガス規制「BS IV(バーラト・ステージ4)」が適用され、BS-IV基準に適合したエンジンを搭載するように求められている。2022年4月からは、排ガス規制「BS VI」が導入される。

ボルグワーナーは、2008年以降、インド市場をリードする乗用車メーカーに対して、1.3リッターディーゼルエンジン用EGRクーラーとEGRチューブを供給し、BS-IV基準の達成を支援してきた。

エミッション、サーマルおよびターボシステムズ社長兼事業本部長のジョー・ファドゥール(Joe Fadool)氏は、製品の革新性(Product Leadership)とは、市場トレンドの先を行き、現地OEMのニーズに最適なグローバルかつ実績のあるソリューションをもつことであると考える。

そのうえで、ガソリンエンジン用EGRシステムは、インド市場ニーズに適したソリューションをもって、燃費の改善と排ガス削減を追求するインドの顧客を支援すると述べる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BorgWarner
https://www.borgwarner.com/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • SAPジャパン、企業のDXを推進するi-ESMをパートナー企業が共同で提供開始(7月1日)
  • ヒュンダイ自動車、「カウンティエレクトリック」ミニバスをローンチ(6月30日)
  • サボテンシードオイルの力に着目!韓国コスメHuxleyのアイクリーム日本上陸(6月30日)
  • 虫歯予防のための歯ブラシに付着した細菌を除去する洗浄除菌剤について(6月29日)
  • 時間とコストを適切にする、サプライヤーとの交渉とは(6月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ