リファイド ニュース
2020年07月04日(土)
 リファイド ニュース

容認、25%。「人事のミカタ」、中小企業の「副業・兼業」実態調査

容認、25%。「人事のミカタ」、中小企業の「副業・兼業」実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
従業員数300名未満の企業402社を対象として実施
エン・ジャパン株式会社は、同社運営サイト『人事のミカタ』において「副業・兼業」についてアンケート調査を行い、その結果概要を2019年9月9日に発表した。

『人事のミカタ』は、人事向けに運営されている総合情報サイト。同調査は、従業員数300名未満の企業を対象として実施され、402社から回答を得ている。

リファイド
「金融・コンサル」が56%で最多
調査ではまず、「『副業・兼業の促進に関するガイドライン』を知っていますか」という質問が行われた。

同ガイドラインは、副業・兼業に関する留意事項について厚生労働省が2018年1月まとめたもの。回答の結果は、「内容も含めて知っている」が22%、「名前だけ知っている」が51%となった。企業規模別に認知率を見た場合、「100~299名」が72%で最も高くなっている。

「現在、社員の副業・兼業を認めていますか」という質問では、25%の企業が「認めている」と回答。「禁止している」は65%、「わからない」は10%となっている。

「認めている」企業を規模別で見ると、「1~9名」が50%で最多となった。業種別に見ると、「金融・コンサル」が56%で最多となっている。

認める理由は、「社員の収入増」が59%で最多
副業・兼業を認めている企業には、その理由を複数回答形式で訊ねている。

結果は、「社員の収入増」が59%で最多となった。次点には、「社員のモチベーション向上」「社員の能力・スキル向上」といった回答が並んでいる。

なお、副業・兼業を禁止する理由としては、「本業に専念してもらいたい」「社員の過重労働の懸念」「社員の健康の懸念」といった回答が上位に並んだ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

中小企業の「副業・兼業」実態調査 『人事のミカタ』アンケート - エン・ジャパン株式会社
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/19205.html


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • SAPジャパン、企業のDXを推進するi-ESMをパートナー企業が共同で提供開始(7月1日)
  • ヒュンダイ自動車、「カウンティエレクトリック」ミニバスをローンチ(6月30日)
  • サボテンシードオイルの力に着目!韓国コスメHuxleyのアイクリーム日本上陸(6月30日)
  • 虫歯予防のための歯ブラシに付着した細菌を除去する洗浄除菌剤について(6月29日)
  • 時間とコストを適切にする、サプライヤーとの交渉とは(6月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ