リファイド ニュース
2020年09月26日(土)
 リファイド ニュース

日本とミャンマー間の投資促進などに関する展示会が10月に開催

日本とミャンマー間の投資促進などに関する展示会が10月に開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資の促進、事業機会や雇用機会の創出
10月19日と20日の2日間、日本とミャンマー二国間投資の促進と事業機会の誘致を目的とした「日本-ミャンマー資源・貿易・投資展示会2019」がヤンゴン・コンベンション・センターで開催されることが決定した。

リファイド
主催者によると、この展示会は、スポンサー、出店者、来場者間の相互交流とコラボレーションを大きく改善し、ネットワーキング、新たなビジネスパートナーの創出、新しい業界トレンドの発見、才能の発掘の機会を提供するものとなる。

この展示会は、主催がシナジーフォーカスインターナショナル(SFI)、後援が在ミャンマー日本大使館と日本貿易振興機構(JETRO)で、150以上の団体が出展し、10,000人以上の来場者が見込まれている。そして、ミャンマーの若者が、日本の文化とミャンマーの労働環境を体験し、様々な企業の雇用機会を探ることができる。

SFIのCEOであるU Lin Kyaw Tun氏は、次のようにコメントした。
「この展示会は、ビジネスの展望を探り、ミャンマーへの日本からの投資を招へいするのに役立つだろう。来場者は、日本の文化とビジネスの両方を知ることができる。」(プレスリリースより引用)

また、展示会のシニアコンサルタントであるNu Nu Yin博士は、次のように述べている。
「日本とミャンマーは60年以上にわたる外交関係を築いてきた。こういった展示会は、両国間の関係を強化し、市民同士の友情も育むものとなる。」(プレスリリースより引用)

そして、協賛するトラストベンチャーパートナーズのCEOである後藤信介氏は、「この展示会が、両国のビジネス担当者を引き合わせてくれることを期待している。」と語った。

セミナーやティラワSEZへの視察ツアーなども
展示会では、政府高官や民間のビジネスマンによる意見交換が行われ、また、プログラムには、セミナーやビジネスマッチング、ティラワSEZへの視察ツアーなども含まれている。

保険や銀行、観光、自動車、製造、法律およびコンサルティングサービス、教育や研修、小売り、採用、雇用、ITおよび通信、農業、メディアなどの関連企業が、展示会に参加することが見込まれている。

(画像はミャンマー情報省より)


外部リンク

ミャンマー情報省
https://www.moi.gov.mm/31/07/2019/id-18591


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 瀬戸内市、地域ソリューション、観光支援として「e街ギフト」を採用(9月26日)
  • ブッキング・ドットコム、昨年対比から2020年の長期休暇トレンドの傾向を分析(9月25日)
  • 今後は免疫力アップの商品にニーズが?自粛による消費のこれまでとこれからを調査(9月25日)
  • 首都圏中古マンション価格3678万円-東京カンテイ(9月25日)
  • 仕事・人間関係・恋愛で行き詰まった時に開いてほしい「最後にあなたを救う禅語」(9月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ