リファイド ニュース
2021年06月25日(金)
 リファイド ニュース

ジグザグ、オンラインストア「HERALBONY」を多言語越境EC対応に

ジグザグ、オンラインストア「HERALBONY」を多言語越境EC対応に

このエントリーをはてなブックマークに追加
「HERALBONY」が海外販売に対応へ
株式会社ジグザグ(以下、ジグザグ)が2021年1月から、株式会社ヘラルボニーのオンラインストア「HERALBONY(ヘラルボニー)」に、「WorldShopping BIZ チェックアウト」を導入し、多言語越境EC対応を実現させたと1月25日に発表しました。

ジグザグは「WorldShopping BIZ チェックアウト」により今回、特別な開発や運営オペレーションの変更を一切行うことなく、JavaScriptタグ1行を設置するだけで「HERALBONY」を多言語越境EC対応化しました。

同オンラインサイトは「東北D2Cアワード」の優秀賞を獲得しており、受賞者に株式会社フラクタの「Shopify」の構築支援を受けています。今回はそれと合わせて多言語対応・海外決済・海外配送まで、ワンストップで世界125か国に対応できるように、「WorldShopping BIZ チェックアウト」を導入しています。

リファイド
特別な開発は不要、海外ユーザーがスムーズに購入可能
日本語のみ対応のECサイトでも、海外ユーザーからアクセスがあることが分かっています。そういったECサイトにJavaScriptタグを1行設置するだけで、特別な開発などもせずに越境EC対応化することができるのが、「WorldShopping BIZ チェックアウト」です。

海外IPアドレスとブラウザ言語を識別することにより、日本国内のECサイトにアクセスした際に、表示言語が選択できる「多言語ナビゲーション」などを表示し、WorldShopping専用カートで注文を受け付けます。

また、海外では主要となっているPaypalやAlipayなどといった海外決済対応にも対応、インボイスの作成や国際物流の手配もジグザグが行います。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ジグザグ プレスリリース
https://www.zig-zag.co.jp/service/2101-heralbony/

株式会社ジグザグのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000187.000018480.html


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 東大発AIベンチャーが自動搬送ロボットを開発(6月19日)
  • 群馬県の上野村、遠隔医療相談アプリ「リーバー」を導入開始(6月17日)
  • 多言語アナウンスアプリが「伝わる表現」用語集に対応(6月14日)
  • ランプの「テイクイーツ」が丸亀市内の飲食店のテイクアウト予約・決済サービスと連携(6月9日)
  • ObotAIが鎌倉新書と「おくやみ・終活チャットボット」を共同開発(6月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ