リファイド ニュース
2021年06月25日(金)
 リファイド ニュース

これまで完全受注生産だったクラフト甘酒「SOYOKAZE」、テイクアウト開始

これまで完全受注生産だったクラフト甘酒「SOYOKAZE」、テイクアウト開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
甘酒のテイクアウトをスタート
2021年2月7日、日本酒メーカーとして知られる株式会社WAKAZEが運営している「WhimSAKE&TAPAS」は、併設の醸造所で作る「甘酒」のテイクアウトをスタートすることを発表しました。

WAKAZEは「ワクワクするSAKE造りを通じて、人生をより豊かにする」というミッションを掲げ、世界中に日本酒の価値を広めることを目標にしています。

自由に誰もが、日本酒をワクワクしながら楽しむ世界を実現すべく、様々な活動を行っているのです。

東京都世田谷区三軒茶屋に位置する、ガラス張りの醸造所に併設されたWhimSAKE&TAPASは、タパス料理と日本酒のペアリングを楽しむことができるバルとして、多くの人に愛されています。

リファイド
これまでは完全受注生産だった!
今回、同社はノンアルコールクラフト甘酒、「SOYOKAZE」をWhimSAKE&TAPASにて店頭販売をスタートしました。

通常、日本酒造りでは「黄麹」を用いることが多いのですが、同社では「白麹」を多く用います。SOYOKAZEもこの白麹を使っています。

砂糖をはじめ、添加物不使用なSOYOKAZEはさっぱりとした酸味と麹由来の自然な甘みが自慢。

これまでSOYOKAZEは、実は、完全受注生産でした。

公式オンラインストアで注文予約を受けてから醸造していたのですが、多くの人に発酵の美味しさを手軽に楽しんで欲しいという思いから、店頭販売をスタートすることになったのです。

店頭ではSOYOKAZEをボトルでもカップでも購入することが可能です。

カップでのテイクアウトはホットでもコールドでも注文できるため、気候や気分に合わせて好きなほうをチョイスできるところが嬉しいですね。

毎月変わる「季節の甘酒」も購入することができます。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社WAKAZE プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 東大発AIベンチャーが自動搬送ロボットを開発(6月19日)
  • 群馬県の上野村、遠隔医療相談アプリ「リーバー」を導入開始(6月17日)
  • 多言語アナウンスアプリが「伝わる表現」用語集に対応(6月14日)
  • ランプの「テイクイーツ」が丸亀市内の飲食店のテイクアウト予約・決済サービスと連携(6月9日)
  • ObotAIが鎌倉新書と「おくやみ・終活チャットボット」を共同開発(6月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ