リファイド ニュース
2021年01月18日(月)
 リファイド ニュース

職場の飲みニケーション、「リアル」希望が多いのは20代、シニアは感染への懸念も

職場の飲みニケーション、「リアル」希望が多いのは20代、シニアは感染への懸念も

このエントリーをはてなブックマークに追加
<detail_line_orange>ツナグ働き方研究所調べ</detail_line_orange>株式会社ツナググループ・ホールディングスの「ツナグ働き方研究所」は、「職場の飲み会世代間意識調査」を実施し、11月20日に発表しています。7割が職場の飲み会に行っていないと回答しています。

リファイド
▲[職場の飲み会世代間意識調査]:株式会社ツナググループ・ホールディングス

<detail_line_orange>コロナ禍で飲み会不参加は約7割</detail_line_orange>同調査は、職場の「飲みニケーション」の世代間の意識を明らかにするために行われたもので、全国の正社員20~64歳の男女3,000人から回答を得ています。

コロナ禍が起きて以来、職場の飲み会に「参加していない」人は全体で69.7%です。世代別では20代が58.5%、50代以上では79.6%と約20ポイントの差があります。

Go To Eatキャンペーン開始で職場の飲み会を解禁した人は20代で15.6%、50代以上の7.3%と比べると倍以上となっています。

<detail_line_orange>50代は感染リスクからオンライン許容</detail_line_orange>オンライン飲み会を経験した20代は28.8%、50代以上は8.0%です。リアル飲み会のほうがいいという回答は20代で65.8%、50代以上は47.8%、両方を希望するのは20代が32.4%、50代以上が43.5%です。

デジタルリテラシーの低いミドル・シニア世代よりも若い世代のほうがリアルを重視している結果となっています。その理由として、シニア世代の感染への意識があげられます。

「感染よりも周囲の目が気になる」20代は26.4%、50代以上は12.5%、「感染のほうが気になる」と回答した20代は24.3%、50代以上は32.4%となっています。


外部リンク

ツナググループ・ホールディングスのプレスリリース
https://tghd.co.jp/news/tg/newsrelease/20201120-01.html


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • ホワイトニングへの意識やイメージに関するアンケートを実施(1月14日)
  • 【pickupニュース】空き家問題を考える・自宅の終活オンラインセミナー開催(1月12日)
  • 飲食店経営者向けの無料小冊子で「収支を変える方法」や「新規事業の創り方」を学ぶ(1月8日)
  • 西武バスおよび群馬大学ら、国内初、路線バスを運行する自動運転実証実験を実施(1月7日)
  • 仮想的に学校内を歩き回れる「VRオープンキャンパス360」(1月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ