リファイド ニュース
2019年03月26日(火)
 リファイド ニュース

助産師の視点からミャンマーの農村の医療を知る

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

助産師の視点からミャンマーの農村の医療を知る

このエントリーをはてなブックマークに追加
PHJミャンマーの活動報告会
認定NPO法人PHJ(ピープルズ・ホープ・ジャパン)は12月11日、11月30日にPHJミャンマーの活動報告会を開催したと発表した。

リファイド
スピーカーは、PHJミャンマー事務所のプログラムマネージャーである、志田保子氏が務めた。写真を使って、農村の人々の暮らしを紹介しながら、ミャンマーについて説明した。

活動の内容も報告
また、助産師でもある志田保子氏は、農村で遭遇した自宅出産の様子を助産師の視点から、リアルに伝えた。このような地域において、PHJがどのようにして、お母さんと子供の健康をサポートしているかも紹介した。

休憩をはさんだ後は、質疑応答タイムを実施。ミャンマーのお菓子や紅茶を楽しみながら参加者の質問に答えた。

質疑応答タイムでは、自宅出産の話に関する質問が特に多かった。このほかに、ミャンマーの助産師や母子保健推進員、施設分娩についての質問もあった。

報告会への参加者の関心は高く、「もう少し話がしたかった」という声もあった。小人数ということもあり、報告会は終始、和やかな雰囲気ですすんだ。

「保健・医療の教育」をメインに、支援活動に取り組んでいる、国際協力NGOのPHJは、アジアの途上国における、人々の自立を目指している。

(画像はPHJのホームページより)


外部リンク

PHJ 【PHJ活動報告会 開催報告】 ミャンマーの農村の暮らし、母子の健康を守る活動とは
http://blog.livedoor.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • コミュニケーションのコツはスタイルを尊重し、スタイルを作ること(3月25日)
  • 一年中同一価格!無印良品のホテル、2019年4月4日銀座にオープン!(3月25日)
  • NTT西日本、ドローンによるインフラ点検サービスを提供する新会社を設立(3月24日)
  • ギフティ、長崎市中央地区商店街連合会にシステムを提供し「共通駐車券」を電子化(3月24日)
  • デンソー、Airbiquity社に出資してOTAシステムの技術開発を強化(3月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ