リファイド ニュース
2019年06月25日(火)
 リファイド ニュース

KDDIエボルバ、農産物栽培施設にAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を導入

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

KDDIエボルバ、農産物栽培施設にAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
農産物の収量向上などを目指す
株式会社KDDIエボルバは、2019年6月1日、同社が宮城県東松島市で運営する『幸 満つる 郷 KDDIエボルバ 野蒜』にて、AI潅水施肥システム『ゼロアグリ』を導入すると発表しました。

KDDIエボルバは、コンタクトセンターを中心としたBPO事業を展開している企業。『KDDIエボルバ 野蒜』は、障がい者を中心として農産物栽培を行う施設であり、『ゼロアグリ』は作業の省力化および農産物の収量向上などを目指して導入されます。

リファイド
最適な水や培養液の量を、AIが算出・判断
『ゼロアグリ』は、日射センサーと土壌センサーが取得した情報を基に、AIが自動で潅水施肥管理を行うシステムです。AIは、日々の天候と作物の成長に合わせて、最適な水や培養液の量を算出・判断。適切なタイミングで点滴チューブから自動供給するため、潅水と施肥の作業時間を大幅に軽減することを可能にしました。

同システムでは、土壌を常に最適な水分状態に保持することができるため、作物にとってストレスの少ない環境を作り出すことにも成功しました。また培養液の自動供給は、作物の品質および収量の安定化と、水・肥料の削減も実現しています。

屋外クラウド録画パッケージも導入
『KDDIエボルバ 野蒜』はまた、農産物の生育を映像として記録する屋外クラウド録画パッケージの導入も発表されています。同パッケージは、ネットワークカメラの映像を通じて、遠隔地からでも農産物の生育状態を動画で確認できるというもの。きめ細やかな生育確認と共に、『ゼロアグリ』導入効果の確認も行うそうです。

今後も同社は、ICTをはじめとする資源を有効に活用し、地域活性化を図るとしています。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

東松島市で農業IoT「ゼロアグリ」導入 - 株式会社KDDIエボルバ
https://www.k-evolva.com/news/detail20190601.html


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • ラミネート、パウチ不要の接着シート発売(6月24日)
  • 美容サプリ『EQLULU(エクリュリュ)』で美しく強い体に(6月23日)
  • DeNAの関連会社、クルマ定額サービス『SOMPOで乗ーる』の提供を開始(6月23日)
  • 即戦力と企業をマッチング!(6月22日)
  • 脳卒中後のリハビリ促進新薬の臨床試験開始(6月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ