リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

ドローンを利用したオフィスの健康管理サービス、4月より試行サービス

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

ドローンを利用したオフィスの健康管理サービス、4月より試行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加
自律飛行の屋内ドローンを利用して、オフィス内の残業監視
総合ビルメンテナンスの大成株式会社、ドローン・UASのシステムインテグレータであるブルーイノベーション株式会社、NTT東日本の3社は、2018年4月より、業界初となる、屋内ドローンを使った社員健康管理サービス「T-FREND」の試行サービスを開始する。

リファイド
これは、業界初の操縦者やGPSに頼らず自律飛行を行うドローンの屋内飛行を実用化し、搭載された高度なセキュリティー画像システムなどを使ってオフィス内の残業監視などを行うというもの。

近年増加している社内の情報セキュリティーの強化を目的とした夜間のオフィス警備ニーズとともに、残業者への退社催促の要望を受けて開発された。

設定された巡回ルートを決められた時間に飛行、映像を記録
大成とブルーイノベーションは2016年4月よりオフィス内の監視カメラ等の映像を主軸としたシステムの開発を開始し、開発を進めてきたが、屋内自立型飛行のドローンを活用した監視サービスに、NTT東日本の提供するセキュアな通信ネットワークを加えて「DRONE×HEALTH×SECURITY」をキーワードとしたシステムが誕生した。

「T-FREND」サービスでは、対象となるオフィス空間の巡回ルートを設定すれば、決められた時間にそのとおりに飛行し、搭載されたカメラによりクラウド上に映像を記録、高度セキュリティー回線によって、映像や画像を安全に通信することが可能とのこと。

大成らは、2018年4月より試行サービスを開始し、同10月から同サービスを本格的に開始する。

(画像は大成株式会社HPより)


外部リンク

大成株式会社、ブルーイノベーション株式会社、東日本電信電話株式会社千葉事業部のプレスリリース
http://www.taisei-bm.co.jp/ir/pdf/20171207.pdf


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ