リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

チン州の伝統的な手織物が国内外で注目

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

チン州の伝統的な手織物が国内外で注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
民族衣装だけではなくファッションとしての需要増
ミャンマー情報省のウェブサイトで、チン州の伝統的な手織物が紹介された。

リファイド
近頃、チン州でつくられている伝統的な手織物に注目が集まっている。国内外からの需要が高まっており、現地で生産が続けられている。

伝統的な手織物は、チン州のHaka、Falam、Tiddim地方でつくられている。手織物は結婚式などの特別なイベントの民族衣装として使われていた。

しかし最近では、ヤンゴンやマンダレーなどの都心部や、Monywa、Kale、Tamu地方にもショップがオープンし、民族衣装としてだけではなく、ファッションとして活用されるようになってきている。

手織技術は若い世代へ継承 女性の職業として確率
以前は手作業のみでつくられていたが、Kale、Gangaw、Monywa、Amarapura地区では機械による生産も行われるようになった。

注目されているのは昔ながらの手織物で、特にミャンマーに住む外国人に好まれているという。

生産は丘の上にある村で行われる。村ではほぼすべての家で手織物が使われている。伝統的な手織技術は古い世代から若い世代へと受け継がれる。国内の事業としてのトレーニングも行われている。チン州の女性は手織技術を通して簡単に仕事を得ることができる。

製品は100%コットン。下着を織るだけでも約1ヶ月かかるという。価格は、デザインやパターン、色、テクスチャによって10万チャットから100万チャットになる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ミャンマー情報省
http://www.moi.gov.mm/5/08/2017/id-11246


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ