リファイド ニュース
2017年06月27日(火)
 リファイド ニュース

生産施設の室内環境を最適化する「T-Factory」を開発 大成建設

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

生産施設の室内環境を最適化する「T-Factory」を開発 大成建設

このエントリーをはてなブックマークに追加
照明や空調、換気などを自動的に最適制御
東京都新宿区に本拠を置く大成建設株式会社は、2017年6月13日、生産施設の室内環境を最適な状態に制御するシステム「T-Factory Next」を開発したことを発表した。

リファイド
これは、工場などの生産施設において、生産設備が運転しているかどうか、そこに作業員が在室しているかどうかなどの稼働情況に応じて照明や空調、換気などの最適制御を行うというもの。それを通じて室内環境を最適化し、同時に省エネルギー化を図る。

約20%の省エネルギー化を実現
同システムでは、例えば、次世代人検知センサーを通じてその場所の作業員の在室状況を把握するなど、生産設備や照明・空調・換気などの運転状況などの、自動制御に必要な生産施設内のエリアごとの基本情報を収集する。

さらに、エリアごとの照明や空調、換気について、照度や風量など、運転上対や運転時間などを入力して、「休止モード」、「製造モード」、「清掃モード」といった運転モードを手動で設定することもできるようになっている。

同社の試算によれば、このようにして最適制御を実現することで、稼働日1日あたり、およそ20%ものエネルギーを節約することが可能になるとのこと。

個別制御型と中央監視制御型の2タイプ
さらにシステムの制御タイプは、施設内での生産設備やその華道を制御・監視する製造管理システムの状況に合わせて、個別制御型と中央監視制御型の2種類から選択することができる。

タイプ1の個別制御型では、生産エリアや生産設備などの単位で個別に制御することができ、生産設備の改修や変更にも柔軟に対応することができる。

またタイプ2の中央監視制御型は、タイプ1をベースにしながら、中央刊システムによって各生産エリアや生産設備の稼働状況を一元管理して制御することにより、生産施設全体の省エネルギー化を図ることができる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

大成建設株式会社のプレスリリース
http://www.taisei.co.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • あたたかみのある大人な肌へ・・・ベネフィークからクッションファンデーションが登場 (6月26日)
  • ひとりひとりの高さに 介護用の足台『My Foot』予約開始(6月26日)
  • 「ドボベット(R)」ゲル剤、レオ ファーマら3社で国内販売提携契約を締結(6月25日)
  • 木材の利用の促進を目指して、基本方針を変更(6月25日)
  • CBRE、大阪はグレードA空室率1%台で賃料上昇(6月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed news.leaf-hide