リファイド ニュース
2023年02月07日(火)
 リファイド ニュース

TAPインタートレード、11月1日から事業者向けマッチングプラットフォーム「FOOBAL(フーバル)」を運用開始

TAPインタートレード、11月1日から事業者向けマッチングプラットフォーム「FOOBAL(フーバル)」を運用開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本サイドと海外サイドのニーズをマッチング
株式会社TAPインタートレード(以下、TAPインタートレード)は2022年11月1日から、日本の食品メーカーと海外バイヤーをマッチングするプラットフォームサイト「FOOBAL(フーバル)」を運用開始すると発表しました。

日本の中小食品製造者、海外の流通事業者・バイヤー・者飲食店など事業者向けの会員制サイト(会員登録・利用は無料)であり、日本産食品を海外市場に輸出したい日本サイドニーズと日本産食品を輸入して販売したい海外サイドニーズをマッチングさせます。

商品検索、ビジネスマッチング機能(商談申込機能)、貿易手続、国際物流サポートなど取引に関わる一連のサービスを提供することで、日本の食品メーカーと海外のバイヤーは、検索・相互問い合わせからマッチング・商談まで全ての取引をオンライン上で完結できます。

リファイド
非接触型の貿易マッチングプラットフォーム
「FOOBAL」とは「FOOD」と「GLOBAL」を組み合わせた造語であり、経済産業省「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の第8次において、「接触機会を減する日本製品と海外企業の貿易マッチングシステム構築事業」として採択されました。

同サイトの開発背景として、海外市場における日本産食品ニーズの増加、新型コロナウイルスのパンデミックによる渡航制限、海外展開を目指す中小企業・小規模事業者への支援が挙げられます。

近年、訪日外国人の増加、日本政府の文化経済政策COOL JAPAN戦略の推進に伴い、日本料理や日本産食品の世界的な認知度や知名度は向上し、益々人気は高まっています。海外での新たなビジネスチャンスは拡大したものの、新型コロナのパンデミックが海外市場における商機の妨げとなっています。

また、日本産食品を海外市場で流通させるにあたり、輸出入に関する制度(手続、法規制、ガイドライン)、物流手段の確保は大きな障壁となっており、特に中小企業・小規模事業者では海外展開に多く予算や人員を割り当てられません。

そこで今回TAPインタートレードは、貿易事業の経験やグローバルビジネスマッチングのノウハウを活かして「FOOBAL」を立ち上げました。食品マーケットにおけるグローバルビジネスマッチング機能のDX化を実現することでメーカーとバイヤーを非接触型でマッチングさせ、日本産食品の輸出を支援します。

(画像はFOOBALより)


外部リンク

PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000109672.html


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • いつまでも綺麗でいたいから!美容液発想のファンデーション新発売(2月1日)
  • フェイスネットワーク、不動産小口化商品「Grand Funding渋谷2」の募集開始(1月30日)
  • 一人暮らし初心者、理想と現実のギャップ調査/LIFULL HOME'S(1月29日)
  • ポーラが 「B.A」から「B.A シーズナルセレクション」を発売へ(1月27日)
  • 東本願寺の飛地境内地で「渉る、到る処に 庭師が誘う冬の庭」開催(1月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ