リファイド ニュース
2022年09月30日(金)
 リファイド ニュース

2022年上期首都圏投資用マンションの平均価格は3.1%上昇

2022年上期首都圏投資用マンションの平均価格は3.1%上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
上期供給数は3.2%増の3,768戸
不動産経済研究所は8月8日、「2022年上期及び2021年年間の首都圏投資用マンション市場動向」を発表した。

これによると、2022年上期(1月~6月)に供給された投資用マンションの物件数は、前年同期比13.2%増の86物件。戸数は同3.2%増の3,768戸だった。

平均価格は同3.1%上昇の3,221万円、1平米当たりの単価は同2.1%上昇の120万7,000円となっている。また2,500万円以下の物件は556戸で、シェアは14.8%だった。

リファイド
供給量1位は東京都大田区
供給が行われたエリアは、前年同期と同じ29エリア。地域別でみると都区部が同横ばいの18区、都下は同1エリア減の1エリア、神奈川県は同1エリア増の10エリアとなっている。

供給量1位の地域は、東京都大田区の449戸。2位は東京都江東区の439戸。3位は東京都豊島区の311戸。4位に横浜市南区の296戸。5位は墨田区239戸。上位5エリアのシェアは、前年同期5.2ポイント増の46.0%だった。

供給数の多い事業主のトップは、シノケンハーモニーの794戸である。

2021年の年間発売量は、130物件・6,028戸
2021年の1年間に発売された投資用マンションは、前年比7.1%減の130物件。発売戸数は、同3.7%減の6,028戸だった。

平均価格は同1.4%下落の3,132万円。1平米当たりの単価は、同2.7%下落の116万9,000円となった。また2,500万円以下の物件は1,070戸で、シェアは17.8%だった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社不動産経済研究所のプレスリリース
https://www.fudousankeizai.co.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 優しすぎる!ビリー隊長のブートキャンプ(9月29日)
  • 「働く女性の睡眠改善プログラム」実証事業を開始(9月29日)
  • 法人向けオフィスチェアの売れ筋ランキング、「バロンチェア」が1位に(9月29日)
  • DMM.comが43インチの4Kディスプレイ「DKS-4K43DG5」を発売(9月27日)
  • 個人向けオフィスチェアの売れ筋ランキングで「アーロンチェア」が1位に(9月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ