リファイド ニュース
2022年05月29日(日)
 リファイド ニュース

インフラ設備点検への最新ロボットの活用

インフラ設備点検への最新ロボットの活用

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ハイボット(以下、ハイボット)はベルギーから認可を受けた検査・認証団体であるVinçotteと協業関係を結び、ハイボットが有する様々なロボットソリューションを導入することを発表しました。

多関節検査ロボットFloat Arm
Float Armは多くの関節を持つ巨大なロボットです。特徴としては、関節が多いことで密集した障害物を避けられること、それから高所の作業も行えることが挙げられます。

これにより人が到達することが難しい高所での作業や高圧タンクの内部検査等も安全に実施することが可能です。更に、Float Armは高解像カメラや3Dセンサを始めとする様々な機材を搭載することが可能であり、高精度で幅広い点検ができます。

リファイド
配管点検ロボット
配管点検ロボットは、超音波センサを利用して水管の肉厚を測定するロボットです。超音波を発し、超音波が跳ね返ってくるまでの時間から肉厚を測定します。

同ロボットは配管に沿って動くことで効率的に水管の肉厚を測定し、肉厚のマップで表現して可視化します。そのため従来では数週間要していた点検準備を数日まで削減することができます。

リファイド
Vinçotteはハイボットのロボットソリューションを活用し、新たなインフラ作業の効率化に向けて取り組みを開始しています。今はまだ稼働試験の段階ではありますが、ロボットでインフラ設備点検が行われるのが当たり前になる日はそう遠くないでしょう。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ハイボットのプレスリリース
https://www.hibot.co.jp/ja/blog

Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • クーリエが「看取りニーズ増加に伴う介護施設の課題」について調査(5月25日)
  • 半額キャンペーン開催!ワンランク上の美容系プロテイン『Bプロテイン』発売(5月13日)
  • 机上がひろびろ!作業効率もよくなるモニターアーム(5月11日)
  • 超スリム!多数のOSに対応するメカニカルキーボード(5月7日)
  • ジール、セミナー「Denodo v8 データ活用基盤の最新コンセプト」を開催へ(5月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ