リファイド ニュース
2021年01月25日(月)
 リファイド ニュース

2020年出前市場規模成長率は44%増!

2020年出前市場規模成長率は44%増!

このエントリーをはてなブックマークに追加
エヌピーディー・ジャパンが最新の出前市場レポートを公表
2020年1~12月出前市場規模は6,000億円超で前年比44%増
今後も出前市場は成長が予想される


エヌピーディー・ジャパンの出前市場レポート
外食・中食市場情報サービス『CREST(R)』を提供しているエヌピーディー・ジャパン株式会社が、最新の出前市場レポートを12月21日公表した。

コロナ禍で出前市場大きく成長
コロナ感染拡大の影響が、外食・中食市場にも大きく現れた2020年。

特に4月からは、全国に緊急事態宣言が発令され、外出自粛や外食自粛となり、飲食店もそれに合わせて営業形態を変え、テイクアウトやデリバリーを始める店舗が増えたのが、2020年の大きな特徴となった。

そんな流れを表しているのが今回のデータで、小売店、弁当・惣菜店、自動販売機、学食・社食を除くレストラン業態(宅配ピザ含む)における宅配売上は、2020年の1~12月計で約6,030億円となる見込みである。

この金額は、前年比で44%増の成長率となる。

リファイド
また、小売店、弁当・惣菜店、自動販売機、学食・社食を除くレストラン業態(宅配ピザ含む)における売上高に占める出前比率は、2019年11月~2020年10月計、全国計で5.7%であった。

地域別では、首都圏は5.7%、京阪神5.8%、中部・北陸5.3%、で、最も高かったのは北海道の6.7%となった。

リファイド
出前市場は今後も成長見込み
エヌピーディー・ジャパン フードサービスシニアアナリストである、東さやか(あずま・さやか)氏は、年末年始もコロナ感染拡大第3波が続きそうなため、デリバリーの需要も増すことが予想され、外食・中食企業はデリバリーを強化することにより、ビジネスの回復につながると分析している。

「NPD Japan, エヌピーディー・ジャパン調べ」

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

エヌピーディー・ジャパン株式会社 プレスリリース
https://www.npdjapan.com/press-releases/pr_20201221/

Dream News エヌピーディー・ジャパン、最新外食・中食レポート
https://www.dreamnews.jp/press/0000228507/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 新規参入が加速。株式会社Mellowのキッチンカー登録数が1000店を突破(1月22日)
  • ポスタスが2021年1月の「飲食店売上動向 POSデータ定期レポート」を公開(1月22日)
  • ワッツが珪藻土マット4商品にアスベスト含有を確認、自主回収へ(1月21日)
  • 渋谷のエミシアクリニックが肌質を素早く改善するMPガンを導入(1月21日)
  • STI-IR、虫歯予防に役立つ電動歯ブラシを中国にて限定発売(1月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ