リファイド ニュース
2021年06月25日(金)
 リファイド ニュース

ヒュンダイ自動車、HMGICSをモビリティ研究開発のオープンイノベーションラボに

ヒュンダイ自動車、HMGICSをモビリティ研究開発のオープンイノベーションラボに

このエントリーをはてなブックマークに追加
地元のサプライヤーや中小企業と提携、研究機関と協力も
ヒュンダイ自動車は10月13日、シンガポールの現代自動車グループイノベーションセンター(以下、HMGICS)をモビリティ研究開発のオープンイノベーションラボにしていく方針だと発表した。

同社は同日に行われたオンライン式典においてHMGICSを、将来的なモビリティ研究開発に向けたオープンイノベーションラボとして機能させることを発表。地元のサプライヤーや中小企業と提携、研究機関や大学などと協力していくことも明らかにした。

シンガポールはパリ協定での公約に沿って、2040年までに全ての自動車をよりクリーンなエネルギーで走行させることを目指している。HMGICSの今後の展開によって、新たな成長分野が開かれ、刺激的な雇用創出がもたらされることに期待が寄せられている。

リファイド
モビリティバリューチェーンイノベーションを実現へ
ヒュンダイ自動車は、ヒューマンセントリックのモビリティバリューチェーンイノベーションのビジョンを実現していく方針だ。

まず、AI・ICT・ビッグデータなどの高度なテクノロジーを組み合わせたデジタルトランスフォーメーションを通じ、仕事の価値と労働者の尊厳を高めるとともに、顧客NEEDSに応えるモビリティサービスを提供するため、顧客中心のスマートモビリティ環境を構築していく。

また、スマートエコシステムの責任ある業界メンバーとして、シンガポールのスマートネイションの構築に貢献する予定だ。具体的には太陽エネルギーや水素エネルギーなど、環境に優しいエネルギー源を活用して、カーボンニュートラルの実現を目指す。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒュンダイ自動車 プレスリリース
https://www.hyundai.com/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 東大発AIベンチャーが自動搬送ロボットを開発(6月19日)
  • 群馬県の上野村、遠隔医療相談アプリ「リーバー」を導入開始(6月17日)
  • 多言語アナウンスアプリが「伝わる表現」用語集に対応(6月14日)
  • ランプの「テイクイーツ」が丸亀市内の飲食店のテイクアウト予約・決済サービスと連携(6月9日)
  • ObotAIが鎌倉新書と「おくやみ・終活チャットボット」を共同開発(6月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ