リファイド ニュース
2019年02月22日(金)
 リファイド ニュース

対日理解促進交流プログラムでミャンマーの柔道・空手選手16人を日本に招へい

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

対日理解促進交流プログラムでミャンマーの柔道・空手選手16人を日本に招へい

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都及び福岡県で歴史的建造物を視察 伝統文化の体験も
将来を担う若者などの被招へい者・被派遣者に、日本についての情報を発信してもらうことで対外発信を強化し、外交基盤を拡充するために行われている対日理解促進交流プログラム「JENESYS2018」。

その一環として、ミャンマーの柔道・空手選手16人を日本に招へいすると、外務省が2019年1月11日に発表した。

今回は「スポーツ交流」のテーマのもと、招へいするミャンマーの柔道・空手選手16人に、東京都及び福岡県で歴史的建造物の視察及び、伝統文化の体験をしてもらうとしている。

リファイド
地域の高校生との交流やホームステイを 報告会で体験の共有も
16人が訪日するのは1月15~22日の間。上記以外にも、ホームステイや地域の高校生とスポーツを通じた交流で、多角的に日本への関心と理解を深めていく。

また、ミャンマーへの帰国前には報告会を開催し、対日理解促進交流プログラム「JENESYS2018」の参加者同士で、経験などの共有をしてもらう予定だ。

(画像は外務省のホームページより)


外部リンク

外務省(Ministry of Foreign Affairs of Japan) プレスリリース
https://www.mofa.go.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 関西電力、長野県で小水力発電所を建設(2月21日)
  • 株式会社アクトプロが独自の自動外貨両替機を箱根の「大涌谷駅・強羅駅」に設置(2月21日)
  • 第一生命、かんたん告知「認知症保険」の販売件数が5万件を突破(2月21日)
  • コンチネンタル、インテリジェントアンテナモジュールを発表(2月20日)
  • 【S/Jリーグ】トップ4トーナメント トナミ運輸、再春館製薬所が優勝!(2月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ