リファイド ニュース
2019年02月22日(金)
 リファイド ニュース

ミャンマーのコウモリから新種のコロナウイルスを発見

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

ミャンマーのコウモリから新種のコロナウイルスを発見

このエントリーをはてなブックマークに追加
「人間への悪影響はなし」スミソニアンとカリフォルニア大学の研究で
スミソニアン博物館とカリフォルニア大学デービス校の科学者が、ミャンマーのコウモリから新種のコロナウイルスを発見した。

リファイド
この発見は、アメリカ合衆国国際開発庁の基金による、PREDICTプロジェクトの一貫として行われた。日常的なルーティンワークの中で発見された。

ウイルスから人間の健康を害する証拠はみつかっていない。今後、チームはウイルスのリスクを理解するため、研究を続けていく。

「PREDICT」ミャンマーチーム、5つのウイルスについて研究
PREDICTは30カ国で活動しているプロジェクトで、ヒトと動物の間で観戦し、パンデミックを起こす可能性があるウイルスの発見を強化している。

PREDICTミャンマーチームでは、コロナウイルス、エボラウイルスなどのフィロウイルス科、ジカウイルスなどのフラビウイルス科、インフルエンザ、パラミクソウイルスの5つのウイルスについて、研究を進めている。

スミソニアン保全生物学協会のMarc Valitutto氏は、
今回は、150匹のサンプルからテストを行い、2匹から陽性反応が発見された。ミャンマーの野生動物にどのようなウイルスが存在しているかを知る第一歩だ。

これからヒトや他の動物に与えるリスクを理解するための研究を追加していく。テストサンプルは数百匹以上あるので、さらに新しいウイルスを発見できるかもしれない。(スミソニアン国立動物園・保全生物学協会プレスリリースより)

と語っている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

スミソニアン国立動物園・保全生物学協会
https://nationalzoo.si.edu/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 関西電力、長野県で小水力発電所を建設(2月21日)
  • 株式会社アクトプロが独自の自動外貨両替機を箱根の「大涌谷駅・強羅駅」に設置(2月21日)
  • 第一生命、かんたん告知「認知症保険」の販売件数が5万件を突破(2月21日)
  • コンチネンタル、インテリジェントアンテナモジュールを発表(2月20日)
  • 【S/Jリーグ】トップ4トーナメント トナミ運輸、再春館製薬所が優勝!(2月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ