リファイド ニュース
2019年07月17日(水)
 リファイド ニュース

治安よりも利便性を重視-住まい方の意識トレンド調査

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

治安よりも利便性を重視-住まい方の意識トレンド調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
「利便施設の充実」を重視する割合38.5%
全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会は3月26日、「住まい方の意識トレンド調査」の結果を公表した。

調査結果によると、住まいの環境で最も重視するのは「買い物施設や病院など利便施設の充実」の38.5%。次いで「通勤のしやすさ」の18.8%、「治安」の17.1%と続いた。

1位のパーセンテージが、2位と3位の倍以上であることから、「利便施設の充実」が最も求められていることが伺える。

また将来、都市部と地方のどちらに住みたいかとの質問では、「都市部に住み続けたい」が39.9%と最多。その一方で「興味はあるが困難だと思う」が35.2%、「可能ならやりたい」が18.4%、「ぜひやりたい」が5.5%と約6割が関心を持っていることもわかった。

住まい方の意識
リノベーションいまだ普及せず
リノベーションに対する関心についてみてみると、「リノベーションに関する検討をしたことがある」人はわずか9.2%。また34.9%が「興味がない」と回答している。

その一方で、リノベーション済みの戸建てやマンション、アパートに対する抵抗感については、「全く抵抗ない」が27.6%、「少し抵抗はあるが、検討できる」が35.7%と、過半数がリノベーション済みの物件に対して許容している。

年代別にみると20代が最も抵抗が少ないが、30代になるとリノベーションを拒否する割合が跳ね上がる。「絶対に検討したくない」と答える割合は16.6%で、全年代で最多となっている。

なお、この調査は1月24日から28日の期間、国内に居住する20歳以上の男女を対象に実施された。有効回答数は2,400件。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

「住まい方の意識トレンド調査」 - 公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会、公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
https://www.zentaku.or.jp/


Amazon.co.jp : 住まい方の意識 に関連する商品
  • ショッピングセンターでパワーアシストスーツの実証実験(7月17日)
  • 2019年上半期の「老人福祉・介護事業」の倒産状況(7月17日)
  • AIが接客トーク向上を支援。「AIスマートトーク」、アパレル業界に向けてリリース(7月17日)
  • 【大阪市北区】愛犬をほめて、最高のパートナーにしよう!「ほめ達!寺子屋in大阪南森町」(7月16日)
  • 画期的!ヘアカラー後のダメージケア用トリートメントフォーム登場(7月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ