リファイド ニュース
2018年02月24日(土)
 リファイド ニュース

burosumab、欧州医薬品評価委員会が小児X染色体遺伝性低リン血症治療薬として肯定的見解

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

burosumab、欧州医薬品評価委員会が小児X染色体遺伝性低リン血症治療薬として肯定的見解

このエントリーをはてなブックマークに追加
欧州で条件付き医薬品販売承認を勧告
協和発酵キリン株式会社(以下「協和発酵キリン」)は12月15日、Kyowa Kirin International PLC(以下「協和キリンインターナショ ナル」)、ウルトラジェニクス・ファーマシューティカル(以下「ウルトラジェニクス」)と共に、プレスリリースを発表。

burosumabについて、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品評価委員会(CHMP)が、X線画像診断による骨疾患所見を有し成長期にある1歳以上の小児及び青少年におけるX染色体遺伝性低リン血症(XLH)の治療薬として、条件付き医薬品販売承認を勧告する肯定的な見解を発表したことを明らかにした。

リファイド
世界初の治療薬へ~XLHにおける過剰なFGF23に直接作用
XLHは、遺伝的な原因により血中に高濃度で存在するFGF23が原因で、体内のリンが尿中に過剰に排泄されることで低リン血症となり、骨の成長や維持に障害をきたす希少な疾患。

小児患者においては骨疾患を引き起こし、下肢の変形や低身長が多くみられる。

CHMPの見解が欧州委員会(EC)に提出されると、欧州委員会は、burosumabの条件付き販売承認について最終決定を行う。承認されれば、burosumabは同疾患における過剰に分泌したFGF23に直接作用する、世界初の治療薬となる。

なお、12月15日発表のプレスリリースは、協和発酵キリン、協和発酵キリンインターナショナル、ウルトラジェニックスが発表した英文プレスリリースを、協和発酵キリンが日本語に翻訳したもの。

(画像は協和発酵キリン株式会社 プレスリリースより)


外部リンク

協和発酵キリン株式会社 プレスリリース
http://www.kyowa-kirin.co.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ