リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

水上太陽光発電用フローシステム販売強化に、台湾に現地法人を設立 三井住友建設

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

水上太陽光発電用フローシステム販売強化に、台湾に現地法人を設立 三井住友建設

このエントリーをはてなブックマークに追加
農業ため池や広大な塩田跡地の有効利用に
三井住友建設は12月6日、自社開発の水上太陽光発電用フローシステム「PuKaTTo(プカット)」の海外における販売強化に向けて、台湾に現地法人を設立したことを発表した。

リファイド
台湾は、2025年までに再生可能エネルギー発電割合を20パーセントまで引き上げるエネルギー政策を掲げている。さらに台湾には多くの農業用ため池や広大な塩田跡地が存在しており、豊富な水面を太陽光発電に活用することが活発に検討されている。

自社開発の水上太陽光発電フローシステム
同社は、農業用ため池などの水面を有効活用する水上太陽光発電の開発に2014年より取り組んでおり、2015年に水上太陽光発電用フロート「PuKaTTO」を自社開発し、販売している。これまでに国内4件、海外2件の採用実績があり、2017年11月には、香川県木田郡に建設した発電所が完成し、売電事業を開始している。

水上太陽光発電事業は、FIT制度などをエネルギー政策が整っていたこともあり、日本で先行して事業化されてきたが、近年、中国やインド、対、シンガポール、台湾などのアジアショックでも、政府や地方政府などが積極的に水上太陽光発電を推進し、普及を進めている。

(画像は三井住友建設HPより)


外部リンク

三井住友建設株式会社のプレスリリース
http://www.smcon.co.jp/2017/120620541/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ