リファイド ニュース
2017年12月15日(金)
 リファイド ニュース

大成建設、構造物の健全性を迅速に評価できるモニタリングシステムを開発

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

大成建設、構造物の健全性を迅速に評価できるモニタリングシステムを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
MEMSセンサを用いて構造物の挙動や変化を把握
大成建設株式会社は、横河電機株式会社、長野日本無線株式会社、国立大学法人東京大学と共同で、MEMSセンサを用いたモニタリングシステム「T-iAlert Structure」を開発したことを2017年11月29日に発表した。

リファイド
MEMSセンサの配線、メンテナンスなどの課題を解決
今回のシステム開発は、MEMSセンサを用いた健全性評価技術の課題である「センサへの配線」や「センサの交換・メンテナンス」といった課題を解決することを目的に行われた。

今回開発された「T-iAlert Structure」では、長期間メンテナンス不要を実現し、配線の問題は無線通信を用いることで解決するとともに、地震発生前後の構造物に生じる振動や変化を高精度に把握・分析し、迅速に構造物の健全性を評価することを実現している。

「T-iAlert Structure」を構成する技術は3つあり、1つ目は、重力の「100万分の1の加速度」や鋼材の「10億分の1の長さ」の変化まで測定できる性能を有した「MEMSセンサ技術」で、横河電機が開発を担当した。

2つ目は、構造物に複数設置されたセンサからのデータをフロアに設置した受信装置を介して診断PC転送するなどの「無線通信技術」で、長野日本無線が開発を担当している。

3つ目は、診断PCで行う構造物に生じる振動からの健全性判定、異常が認められた場合の損傷個所といった「構造物の健全性評価技術」で、大成建設と東京大学が開発を担当した。

「T-iAlert Structure」は実証試験により有効性を確認されており、今後は、実証試験を積み重ねるとともに学校や病院、橋梁など公共性が高い建物の事業継続計画対策への提案を行い、2019年4月から順次実施導入に向けた展開を進めていくとしている。

(画像は大成建設ホームページより)


外部リンク

大成建設 プレスリリース
http://www.taisei.co.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 鹿島、開削トンネル工事の大幅な省力化と工程短縮を可能にする工法を開発(12月13日)
  • 歌謡祭・生出演の長渕剛の歌が凄すぎる!(12月13日)
  • リープトンエナジー、『第2回(高性能)住宅設備EXPO』で太陽光発電システム搭載カーポートなど出展(12月12日)
  • コンティネンタル、CES 2018で包括的接続体験デモカーを実証(12月12日)
  • 血友病A治療薬「エミシズマブ」、第3相治験で良好な中間解析結果が示す(12月10日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ