リファイド ニュース
2018年02月26日(月)
 リファイド ニュース

大成建設、既製コンクリート杭施工データ総合管理システムを開発

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

大成建設、既製コンクリート杭施工データ総合管理システムを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
施工管理業務の効率化、省力化および厳格化を実現
2017年10月23日、大成建設株式会社は、ICTを活用した既製コンクリート杭施工データ総合管理システム「T-Pile Recorder」(以下、同システム)を開発したと発表した。

同システムは、煩雑な既製杭の施工管理業務において、信頼性の高い施工管理データを保存して、施工管理業務を効率化・省力化するために開発された。

なお、これまでは、確実に品質管理を実施するために、施工状況を確認し、記録を作成・保存するまでの過程で多くの時間を費やしていたが、近年は更なるデータ管理の厳格化が求められている。

リファイド
「T-Pile Recorder」の特長
同システムは、杭打ち機に装備された既存計測装置に、通信機能など必要な機能だけを新規に外付けで追加して、全体システムを構築し、安価なコストで設置・運用できる。

杭打ち機の電流値や掘削深度などの計測データは、クラウドへ送信・保存後、杭番号別に分類・ひも付され、帳票台帳が作成されるが、これらの作業は人手を介することなく自動で行われるため、施工管理が厳格化され、施工管理業務の効率化が図られる。

また、杭芯位置などの実測値や工事写真なども含めて、クラウドに保存された各種データを、パソコンやスマートデバイスを用いて、関係者間でリアルタイムに共有・確認できる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

大成建設 プレスリリース
http://www.taisei.co.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • ヤンゴン環状鉄道改修プロジェクトが本格稼働(2月26日)
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ