リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

イーレックス、沖縄県にバイオマス発電事業準備会社を設立

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

イーレックス、沖縄県にバイオマス発電事業準備会社を設立

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄県にバイオマス発電事業準備会社を設立
イーレックス株式会社は6月15日、検討を行っていた沖縄県でのバイオマス発電事業に関して、事業による安定した収益性確保の目途が立ったとし、この事業の開発を推進させるため、準備会社の設立を同日開催の取締役会にて決定したと発表した。

この事業は、県内に出力約5万kWのPKS(パームヤシ殻)と木質ペレットを主燃料とするバイオマス発電所を建設・運用するもので、このほど同事業に対し、固定価格買取制度(24円/kWh)の適用が確定したとのこと。

リファイド
このため、翌7月中に準備会社を設立し平成32年度中の商業運転開始を目指すという。なお、発電した電気は全て株式会社沖縄ガスニューパワー(同社と沖縄ガス株式会社との合弁会社)を通じて、県内の顧客に供給する計画という。

またこの事業は、バイオマスを主燃料とする発電所としては沖縄県内最大規模の設備となる見通しという。

事業完成時点のバイオマス発電出力合計は27万kW超に
そして同社が参画するバイオマス発電所は、豊前プロジェクト(今年5月に着工済)、大船渡プロジェクト(今年度中に着工予定)を含め、事業完成時点の出力合計は、27万kW超(5発電所)になる見込みとのこと。

同社はこれまで、国内初となる、ヤシ殻を主燃料とした環境にやさしいバイオマス発電や、米国の電力小売先進企業との合弁会社設立を、業界に先駆けて実現している。

またこの5月には、ASEAN地域でのバイオマス燃料ソースを確保する拠点を確保すべく、シンガポールに燃料トレーディング事業と輸送管理業務を担う同社100%の子会社設立を決めたところでもある。

(画像はイーレックス株式会社HPより)


外部リンク

イーレックス株式会社 プレスリリース
http://www.erex.co.jp/news/wp-content/uploads/

 
Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ