リファイド ニュース
2017年06月27日(火)
 リファイド ニュース

【ギリシャ】再選挙、緊縮派が勝利。欧州各国の反応

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

【ギリシャ】再選挙、緊縮派が勝利。欧州各国の反応

このエントリーをはてなブックマークに追加
新民主主義党が129議席を獲得
財政緊縮策の継続か拒否かが争点となったギリシャ国民議会選挙の再選挙が17日、行われた。即日開票の結果、緊縮策推進派の新民主主義党(ND)が29.6%、129議席を得て第1党となった。ドイツ国営放送局ZDFが18日、報じた。

緊縮策反対派の急進左派連合(SYRIZA)は、26.9%、71議席となり、約3ポイント差で破れた。全ギリシャ社会主義運動(PASOK)は、12.3%の得票率で、第3党となり33議席を獲得。極右政党「黄金の夜明け」は、18議席を獲得。5月6日の選挙よりも3議席少ない。

ギリシャ国民議会は1院制議会で定数300、任期4年である。250議席を選挙で争い、残り50議席は第1党に「ボーナス」として上乗せされる。

ギリシャ議会選
Image:Antonis Samaras/mtzempelikou
欧州各国で報じられたニュース
【ドイツ】
ギリシャは緊縮策を継続する方向に向かうチャンスは得た。しかし、政府がユーロに残留するか、放棄するかどちらに決定しても、確かなのは、ギリシャは高い代償を払うことになる。

【スイス】
新政府がどのような形になるにせよ、景気回復のために、抜本的な構造改革が不可欠である。しかし、そうなるとギリシャは今以上に引き裂かれることになるだろう。

【英国】
議会選挙が行われたが、実際の所、ギリシャの未来を決定するのは、ドイツである。メルケル首相が、この選挙結果をどのように対処するかによって、方向が決まる。

【スウェーデン】
保守的な新民主主義党と全ギリシャ社会主義運動がおそらく政権を形成し、これまでの緊縮策を推進していくだろう。しかし、問題は、政府が機能しないことである。したがって、ヨーロッパ諸国の関心は、借款の条件が再交渉されるかどうかである。ヨーロッパと特にメルケル首相が、今の方向性を保持するならば、ギリシャは永久に問題を解決できないだろう。

【オーストリア】
ギリシャとヨーロッパの首脳たちが、アントニス・サマラス氏のような政治家に期待をかけるとは、政治とはばかげたものだ。サマラス氏は、ギリシャの政治の世界の悪のすべてを表現しているような政治家だ。


外部リンク

ドイツ国営放送局ZDF(heute.de)
http://www.heute.de/ZDF/zdfportal/web/heute-Nachrichten/
Amazon.co.jp : ギリシャ議会選 に関連する商品
  • 小沢氏強制起訴に「離党せず」、菅首相は沈黙、仙石氏は「しりませ~ん」(2月1日)
  • 強制中絶の中国人夫婦を地方政府が「売国奴!」(7月2日)
  • エイリアン襲来時、頼りになるのはオバマ大統領!(6月30日)
  • 【速報】ESMと新財政協定に関する採択に延期を望む声-独連邦議会(6月30日)
  • 適度なコーヒーは心臓病リスクを軽減する(6月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed news.leaf-hide