リファイド ニュース
2018年05月26日(土)

リファイド ニュース

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活
プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社エフ・コード

Web接客ツール「f-tra(エフトラ)CTA」、ターゲティング条件の機能等を拡充 ~Webサイト上で、より精緻な1to1マーケティングを支援~
2018年2月13日 株式会社エフ・コード
Yahoo!ブックマーク  iza Choix newsing ニフティクリップ del.icio.us はてなブックマーク livedoorClip  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

マーケティングソフトウェアの開発を手がける株式会社エフ・コードは、自社が提供しているWeb接客ツール「f-tra(エフトラ)CTA」に、1.「ターゲティング条件」の追加2.「フリークエンシーコントロール設定」強化の2つの機能拡充を行いました。これにより「f-tra CTA」を導入している企業では、さらに精緻な1to1マーケティングを行ったり、ユーザーが不要と判断したポップアップバナー表示を一定期間制限する等、更に豊富なターゲティング条件のもとWeb接客を行うことが可能となります。エフ・コードでは今後も、Webサイト上でユーザーをコンバージョンさせることのみを目的とするツールではなく、Webサイト上において企業とユーザーのよりよい関係構築をアシストするツールの開発を目指します。ユーザーにとって最適なタイミングで情報提供を行い、丁寧なデジタルマーケティングに寄与してまいります。

 株式会社エフ・コード(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤勉、以下エフ・コード)は、Web接客ツール「f-tra(エフトラ)CTA」に、1.「ターゲティング条件」の追加2.「フリークエンシーコントロール設定」強化の2つの機能拡充を行いました。これにより「f-tra CTA」を導入している企業では、さらに精緻な1to1マーケティングを行ったり、ユーザーが不要と判断したポップアップバナー表示を一定期間制限する等、更に豊富なターゲティング条件のもとWeb接客を行うことが可能となります。


 エフ・コードが提供する「f-tra(エフトラ)」は、Webサイトに数行のコードを埋め込むだけで、Webサイト訪問者の接客や、Webサイトへの再訪促進ができるマーケティングソフトウェアです。現在、「f-tra」では、ユーザーがお問い合わせ等で利用するフォームを正しく入力できるよう支援する「EFO」、ユーザーの行動から適切な情報を適切なタイミングで提供する「CTA」は、そしてブラウザ通知機能を利用して過去にWebサイトに訪問したユーザーに再来訪を促すことができる「Push」の3種類の機能を提供しています。


・今回新たに追加された機能

1.「ターゲティング条件(DOM要素ターゲティング)」の追加

 「表示されているページ上に特定のHTML要素が存在するかどうか」をターゲティング条件に追加しました。これにより、URLに頼らない条件の元にポップアップバナーの出し分けをしたり、動的要素によってポップアップバナーの出し分けをすることが可能となりました。

【ユースケース】

「5,000円以上が送料無料」のECサイトの場合、カートに入っている商品の合計が4,999円以下のユーザーのみに、「5,000円以上だと送料無料」のバナーを表示する(以下画像参照)。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mzc2OCMxOTcxMTMjNTM3Njhfc21KdVhpYWFndy5wbmc.png ]


2.「フリークエンシーコントロール設定」強化

 「f-tra CTA」では、今回の機能拡充以前からセッション中(アクセスしてから30分以内)のフリークエンシーコントロールが可能でしたが、複数セッションをまたいでのフリークエンシーコントロールや、同一のキャンペーンバナーは再度表示させない等、フリークエンシーコントロールの条件を更に追加しました。

【ユースケース】

一N日以内にX回以上ポップアップバナーを表示したら、それ以上バナーを出さない

ーユーザーがバナーを閉じた場合、バナーを閉じた後のユーザーにはN日間バナーを非表示にする


・機能拡充におけるエフ・コードの体制

 エフ・コードでは、顧客の課題に応えるソリューション提供のため、「f-tra」の開発・提供のみではなく、提供後に企業のWebサイトの悩みや課題を直接聞く機会として運用コンサルティングを実施しています。そして課題をより迅速に解決するために、既存のCS(カスタマーサクセス)に加え、2018年よりCSE(カスタマーサクセスエンジニア)という部署を新設しました。CSEでは、クライアント企業のデジタルマーケティングにおける課題解決のために「f-tra」への機能拡充を行ったり、他ツールとの連携等を行っています。今回の2つの機能拡充についても、企業側からの要望や課題解決に応える機能拡充になりました。

 エフ・コードでは今後も、Webサイト上でユーザーをコンバージョンさせることのみを目的とするツールではなく、Webサイト上において企業とユーザーのよりよい関係構築をアシストするツールの開発を目指します。ユーザーにとって最適なタイミングで情報提供を行い、丁寧なデジタルマーケティングに寄与してまいります。


【エフ・コードについて】

 2006年3月設立、SaaS事業とWebコンサルティング事業を展開。創業時より展開するWebコンサルティング事業では、広告・コンテンツマーケティング・コンバージョン改善を中心に各業界大手企業のWebサイトの成果改善に寄与しています。SaaS事業ではWebコンサルティングの知見に基づいたマーケティングソフトウェア「f-tra(エフトラ)」を日本・タイ・香港・インドネシアの4拠点で提供。2016年より「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」を経営理念に、プロダクト開発とアジア展開に投資を強化。アジアから世界をリードするマーケティングテクノロジーカンパニーを目指しています。


【株式会社 エフ・コード】

所在地:東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル5F

代表取締役社長:工藤 勉

設立:2006年3月

URL:https://f-code.co.jp/


<本リリース・サービスに関するお問い合わせ>

株式会社 エフ・コード 広報担当 清水 03-6272-8993  press@f-code.co.jp



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

リファイドニュース新着






























記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ