リファイド ニュース
2020年06月07日(日)
 リファイド ニュース

就職面接は、会社とのつながりを持つ意欲と会話がポイント

就職面接は、会社とのつながりを持つ意欲と会話がポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
面接は1つの交渉である
10月16日のヤフーファイナンスは、交渉の専門家が就職面接の例をとり、求職者が行うべき質問や戦略についてアドバイスを掲載。面接のプロセス全体を大きな交渉と考え、臨むべきであるとしている。

リファイド
定番の「質問はありますか」を活用しよう
面接の最後に「質問はありますか」と聞かれることがある。リクルーティング会社のマネージングディレクターは、ここで質問を行うことは、相手とのつながりを続けるチャンスであり、また相手に印象を残し採用につながる可能性があると指摘。

反対に、質問をしなければ、無関心と捉えられる可能性があるということだ。

面接は互いの可能性を模索する場
またコロンビア・ロースクールの教授は、交渉の定義を、「相手とのつながりを持つための会話」だとしている。ジョブハンティングは1つの交渉であり、相手とのつながりを持つ戦略は、質問をすることだと述べている。

教授はまた、交渉は相手と接触した瞬間から始まるものであり、面接のプロセス全体を大きな交渉と考える必要があると述べる。

会話を通して、雇用側は求職者の価値や可能性について考え、求職者は会社での自身の将来について交渉していることを忘れてはならない。

ここで求職者が行える、有益な質問の例を挙げている。会社での役割に関心を示し、成功するための動機付けを聞くことだという。例えば、「この役割で必要なものは?」「どのような人たちが成果を上げているのか?」などがある。

(画像はPixabayより)


外部リンク

ヤフーファイナンス
https://au.finance.yahoo.com/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • モビルスとLINE、チャットボットなどを活用した顧客サポートについてセミナーで解説(6月6日)
  • 住友生命、コロナ禍による働き方と私生活の変化を調査(6月4日)
  • ヒュンダイ自動車、新型「サンタフェ」のデザインを公開(6月4日)
  • IT技術活用の不動産テック「TATSUJIN」の利用店舗が4000以上に(6月3日)
  • 糖質と脂質を抑えたソイプロテイン発売!(6月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ