リファイド ニュース
2019年11月19日(火)
 リファイド ニュース

横浜市立大学附属病院、マラソンランナー大迫傑選手が小児科病棟を訪問

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

横浜市立大学附属病院、マラソンランナー大迫傑選手が小児科病棟を訪問

このエントリーをはてなブックマークに追加
大迫選手が来てくれた
9月26日、横浜市立大学附属病院は、9月18日にマラソンのプロランナー大迫傑選手が小児科病棟を訪問し、子どもたちとふれあうイベントを開催したと発表した。

2018年4月より、横浜市立大学附属病院の小児科では、神奈川県内の大学病院で初の CLS(Child Life Specialist)を設置し活動している。

CLSとは、医療環境にいる子どもや家族の精神的な負担の軽減して、主体的に治療が受けられるよう、心理社会的支援をする専門職のことをいう。

リファイド
プロから直接伝授
大迫選手は、「正しく歩く姿勢」や「走るときのコツ」などを、小児科に入院や外来通院をする子どもたちに、遊びながら指導した。

また、参加できない子どもたちの病室を訪問。その際の大迫選手からの記念品のプレゼントは、療養中の子どもたちを元気づけたという。

今回のイベントを通して大迫選手は、子どもたちに「体を動かす意味」や「楽しさ」を伝える経験ができたとコメントをした。

特別な1日に
横浜市立大学附属病院は今回のイベントについて、小児科病棟の子どもたちが楽しめるよう、大迫選手のスポンサーであるマニュライフ生命保険株式会社と、特定非営利活動法人 Being ALIVE Japanの企画・運営により開催したとしている。

大迫選手とのふれあいで、子どもたちや家族からは「これからも頑張ってください」とエールが送られたという。

(画像は横浜市立大学附属病院より)


外部リンク

横浜市立大学附属病院
https://www.yokohama-cu.ac.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • これまでの不満を解消!夢を叶えるカールアイロン新発売(11月17日)
  • 【神奈川県川崎市】一日中わんちゃんと遊ぼう!「ALL FOR ワンッ!DAY 2」(11月16日)
  • 【東京都町田市】肉球クリーム作りと個別カウンセリング(11月16日)
  • AIG損保、「海外進出ビジネス簡易診断サービス」提供開始(11月16日)
  • 個人賠償保険付き電気サービス「保険でんき」販売開始(11月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ