リファイド ニュース
2021年10月17日(日)
 リファイド ニュース

パナソニックが純水素型燃料電池の実証を開始、水素社会の実現へ

パナソニックが純水素型燃料電池の実証を開始、水素社会の実現へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
トクヤマと副生水素使用の純水素型燃料電池の実証を開始
パナソニックは9月14日、トクヤマと純水素型燃料電池の実証を開始したと発表した。

世界的に脱炭素社会の実現に向けた取り組みが進められている中、次世代エネルギーとして水素への関心が高まっており、苛性ソーダの製造工程で副次的に発生する副生水素の有効活用は、地球温暖化防止やエネルギーセキュリティの観点などから大きな意義があると考えられている。

今回パナソニックは、トクヤマの徳山製造所で発生する副生水素を用いて、2023年3月まで実証を行う予定。パナソニックが開発した6台の純水素型燃料電池を、1つのユニットに収めたシステムを実証機として、徳山製造所に設置する。同実証機で発電した電力を同製造所の事務所で使用し、発電する際に生成する熱も温水にして回収、有効利用していく。

リファイド
700Wから4.2kWで任意の発電出力に設定可能
同実証機では、水素の供給配管・熱配管・電力出力ラインなどを集約。それをユニットに接続し、6台の純水素型燃料電池を1つのシステムとして稼働させる連携制御を実現していることから、パナソニックは副生水素を用いた場合の稼働性能に加えて、連携制御の検証・評価を実施。6台の実証機を個別に稼働・停止させることができるため、700Wから4.2kWで任意の発電出力に設定ができる。

トクヤマは、イオン交換膜食塩電解法による苛性ソーダ製造時に発生する副生水素を、純水素型燃料電池に安定供給していく。

パナソニックとトクヤマは同実証を通じて、水素社会の実現を目指した取り組みをさらに進めていくとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

パナソニック プレスリリース
https://news.panasonic.com/



Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • NOLTYプランナーズが入間市と介護連携などを推進(10月16日)
  • 歯周病や口臭ケアに!超音波スケーラー「Costoso」のクラファン実施中(10月12日)
  • アニスピホールディングスが「ヤングケアラー問題の実態調査」を実施(9月24日)
  • 虫歯予防に使える知識も!書籍『歯医者が教える 歯のQ&A大全』登場(9月14日)
  • 冴えわたる顔に導く新ブランド「BRANCHIC」誕生(9月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ