リファイド ニュース
2021年06月25日(金)
 リファイド ニュース

出前館「シェアリングデリバリー」がタリーズコーヒーのデリバリーエリアを拡大へ

出前館「シェアリングデリバリー」がタリーズコーヒーのデリバリーエリアを拡大へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
<detail_line_orange>タリーズコーヒーのデリバリー、首都圏を中心に本格展開</detail_line_orange>株式会社出前館は出前サービス「出前館」において、配達機能を持たない飲食店の代わりに配達代行するサービス「シェアリングデリバリー」を展開していますが、今回タリーズコーヒージャパン株式会社(以下、タリーズコーヒー)のデリバリーを本格的に行っていくと、3月8日に発表しました。

「シェアリングデリバリー」は、配達代行機能によって飲食店が、出前サービスを提供できるようになるサービスです。出前注文が可能な店舗が拡大することで、顧客の日常生活における食のレパートリー増加につなげます。

タリーズコーヒーのデリバリー展開は初めてで、まずは首都圏を中心に約70店舗で対応し、順次全国に拡大されていく予定です。

リファイド

▲タリーズコーヒーが出前館でのデリバリー開始・デリバリー開始の画像:株式会社出前館
<detail_line_orange>「出前館」の加盟店舗数は60,000店舗以上に</detail_line_orange>「出前館」はスマートフォンアプリやウェブサイトから注文でき、できたての状態で飲食店の料理を受けとることができる国内最大級のフードデリバリーサービスです。

配達代行となる「シェアリングデリバリー」やテイクアウト事業、クラウドキッチン併設型デリバリー拠点の「インキュベーションキッチン」など、様々な取り組みも展開しており、現在の加盟店舗数は60,000店舗以上にもなっています。


外部リンク

株式会社出前館 プレスリリース
https://corporate.demae-can.com/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 東大発AIベンチャーが自動搬送ロボットを開発(6月19日)
  • 群馬県の上野村、遠隔医療相談アプリ「リーバー」を導入開始(6月17日)
  • 多言語アナウンスアプリが「伝わる表現」用語集に対応(6月14日)
  • ランプの「テイクイーツ」が丸亀市内の飲食店のテイクアウト予約・決済サービスと連携(6月9日)
  • ObotAIが鎌倉新書と「おくやみ・終活チャットボット」を共同開発(6月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ