リファイド ニュース
2020年12月01日(火)
 リファイド ニュース

日本生命、インターネットアンケート「コロナ禍で変化したこと」の結果を発表

日本生命、インターネットアンケート「コロナ禍で変化したこと」の結果を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
半数が「新しく始めたこと/量や頻度が増えたことがある」
日本生命保険相互会社は2020年10月12日、ニッセイ インターネットアンケート「コロナ禍で変化したこと」の集計結果を発表した。

これは、同社が提供する「ずっともっとサービス」であるサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ内の契約者専用サービスで実施したもの。2020年9月1日から同30日にかけて実施し、男性8112名、女性7636名、計1万5748名から有効回答を得た。

リファイド
まず、「コロナ禍をきっかけに新しく始めたこと、量や頻度が増えたことはあるか」と質問したところ、回答者全体では半数を超える52.5パーセントが「ある」と回答した。これを年代別でみると、「ある」と回答した人の割合が最も多かったのは「30代(63.0パーセント)」で、以下「~20代(58.9パーセント)」、「40代(57.3パーセント)」と続いている。

3割が「不用品の処分を始めた/量や頻度が増えた」
次に「新しく始めたこと、量や頻度が増えた」ことについて聞いたところ、最も多かったのは「不用品の処分」で全体の31.0パーセント、次に「オンラインショッピング」が全体の29.9パーセントだった。

リファイド
さらに、「コロナ禍前後で、オンラインショッピングでの購入額が増えたもの」では、回答者全体で最も多かったのは「日用品(42.1パーセント)」と「食料品(40.2パーセント)」だった。

リファイド
これを年代別に見ると、「日用品」と回答した人の割合が最も多かったのは「30代」で50.6パーセントで、最も少なかった「~20代」の28.7パーセントと大きな差が見られる。「食料品」と回答した人の割合が最も多かったのは「70代~」で47.5パーセント、最も少なかったのは「~20代」の20.4パーセントとこちらも大きな差が見られる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

日本生命保険相互会社のプレスリリース
https://www.nissay.co.jp/

●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他


(記事提供:スーパー・アカデミー)


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • ホワイトエッセンス株式会社が歯周病と歯のクリーニングの関係を調査(12月1日)
  • 令和シニアが最も利用する決済方法はクレジットカードで49%に(11月30日)
  • 瀬戸内7県の多言語受け入れ態勢強化を目指す「瀬戸内インバウンドガイド講座」を開催(11月30日)
  • 悩みに合わせて選べる歯科医院マッチングサイトから、スマホアプリ登場!感染対策も(11月29日)
  • 「ファンくる」調べGoToEat60代以上の約3割が週4~5回以上利用(11月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ