リファイド ニュース
2018年05月21日(月)
 リファイド ニュース

初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
アマチュア写真やプレス写真など多数を収集
初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が、Secretariatの東棟において開催されている。

リファイド
このイベントは、ゲーテ・インスティトゥートによって企画され、オーストリアのキュレーターで写真家のルーカス・バーク氏によって監修されたもの。バーク氏の広範な研究は、ビルマの独立までの道を辿っている。

バーク氏は、古物商や写真スタジオの隠れた保存記録を探して、スタジオの写真、アマチュア写真やプライベートな写真、プレスや広告の素材など、1万点以上の写真を収集した。

バーク氏は、展覧会の開催に関する作業について質問され、未確認のビルマ写真家の名前を保存したいと述べた。

さらにバーク氏は、次のように説明した。
「会場にある写真は、記者会見の時の写真だけではありません。美しい写真や、会議中のアウンサン将軍の写真もあります。」(プレスリリースより引用)


歴史的写真の展示で現代の写真家にも影響
展示された写真は、ミャンマーを訪れた最初の写真家であったインドの写真家によって捉えられた歴史的なものも含んでいる。さらに、ビルマの写真家、様々な世代の著名人、アウンサン将軍による独立への道などに関する多数の写真などがある。

ゲーテ・インスティトゥートのKo Win Htet氏は、次のように述べた。
「当初、1910年には地域の写真家がほとんどいませんでしたが、その数は増加しています。展覧会は、昔の写真家に注目させるだけでなく、今の世代の才能を引き出すことも目的としています。」(プレスリリースより引用)

展覧会は、3月11日まで開催されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ミャンマー情報省
http://www.moi.gov.mm/moi:eng/?q=news/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • BOTANIST Tokyoで期間限定「リフレッシュメニュー」提供中(5月19日)
  • 「THEO+」「docomo」が連携・ポイントでコツコツ投資・お手軽資産運用(5月19日)
  • ウォンテッドリー、副業者募集の企業をピックアップ 特集ページを公開(5月17日)
  • SPACERの空き時間で副業したい人の募集開始(5月17日)
  • 仙台市の中小企業活性化へ!外部人材による新規事業創出プログラム開始(5月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ