リファイド ニュース
2018年12月10日(月)
 リファイド ニュース

京都大学医学部附属病院、ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の細胞移植を実施

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

京都大学医学部附属病院、ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の細胞移植を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
パーキンソン病治療に関する医師主導治験の第1症例
京都大学医学部附属病院は、11月9日、「iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験」における第1症例となる被験者に対し、ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の細胞移植を行ったことを発表した。

リファイド
手術が実施されたのは2018年10月で、脳神経外科の菊池隆幸医師らが、約240万個のドパミン神経前駆細胞を脳の左側被殻に移植した。

約240万個の細胞を移植
使用する細胞は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)で作製された「再生医療用iPS細胞ストック」をドパミン神経前駆細胞に分化させたもの。

作製期間は、約2ヶ月かかり、この製造工程で、ドパミン神経前駆細胞ができているかどうか、未分化細胞が残っていないか、ガン化に関連した遺伝子異常はないか、細菌などが混じっていないか等について厳しくチェックする。

移植術は定位脳手術という方法で行われた。最初に被験者に全身麻酔を施し、頭部に目盛りが刻まれた機器「フレーム」を取り付けて頭部CTを撮影する。そして、定位脳手術用のプランニングソフトを用いることで、あらかじめ術前のMRIで検討しておいたターゲットと、そこに到達するまでの刺入経路を実際の患者で実現できるようになった。

手術室では、まず、前頭部の頭蓋骨に直径12ミリ程の穴を開ける。そして、プランニングソフトで算出された座標と方向に基づいて細胞注入用の針を進め、目標点まで進めたら、あらかじめ決めたとおりの方法で細胞の注入を行った。

3本の刺入経路を用い、1本の刺入経路あたり2ミリ間隔で4ヶ所、合計12ヶ所に、約240万個の細胞を移植した。

手術時間は3時間1分で、現在までのところ、「術後の経過は良好」とのことである。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

京都大学医学部附属病院
http://www.kyoto-u.ac.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 三井住友海上、第6回Webグランプリの企業BtoCサイト賞」で優秀賞を受賞(12月9日)
  • 初めてでも大丈夫!栄養満点の作りおき幼児食を作ってみよう(12月8日)
  • 自分で食べる気持ちを応援!新しいお食事エプロンでママも安心(12月6日)
  • ミャンマー放送協会の年次総会が開催(12月5日)
  • トヨタ紡織、デルタ工業・東洋シートとアメリカで自動車用シート生産の合弁会社設立へ(12月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ