リファイド ニュース
2018年06月19日(火)
 リファイド ニュース

フェデラル・モーグル、商用車向けディーゼルエンジン用ピストンリングを開発

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

フェデラル・モーグル、商用車向けディーゼルエンジン用ピストンリングを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
平均有効圧力の増加と燃料消費の減少が実現
フェデラル・モーグル・パワートレインは、リングの動的運動を安定させ、油膜を均質化することにより、ガスシール性能を強化する、商用車向けディーゼルエンジンに使用する新しいピストンリングを開発したことを発表した。

リファイド
2番目の溝に使用する新しいeLineリングの滑走面形状は、シリンダーボアの周りにオイルを均一に分散させ、ガス圧力を低減するために滑走面部分を調整するように設計されている。その結果、エンジン効率が向上し、堅牢性が向上し、排気ガスが減少した。

異なるディーゼルエンジンに装着したeLineリングのベントテストでは、ブローバイが20%まで大幅に削減され、平均有効圧力の増加と燃料消費の減少という両方に直接変換された。

フェデラル・モーグル・パワートレイン、リング&ライナー技術担当ディレクターであるSteffen Hoppe博士は、次のように述べた。
「eLineは、一貫した層で円周方向にオイルを分配する商用車向けピストンリング技術の最初の製品です。この設計は、局所的な余剰油滴を補うこと、局所的な油膜破壊を防ぐこと、低油粘度の戦略をサポートすること、燃焼ガスシールを改善すること、摩耗を低減することを目的としています。業界のトレンドはピーク燃焼圧が上昇することであるため、これはより一般的になっています。」(プレスリリースより引用)

短期的な市場導入に向け検証
2番目の溝に使用されるリングは、主に、先細りの滑走面形状を持って設計されており、ボアの歪みやオイル供給の問題など、最適以下の条件において、均質な油膜を維持することを目的としている。先細りの形状は、リングの内径と外径との間の圧力が不均衡になった場合に、半径方向のリングの不安定性をもたらす可能性のある比較的大きな滑走面部分を提供する。

eLineピストンリングは、下側に向かって円周方向溝を有しており、リングの下に余分なオイルを保持することができる。この溝の油受けにあるオイルは、ピストンが往復運動をする際、ボア周囲に制御されたオイル流を生成し、油膜の均一性を改善する。また、滑走面形状の流体力学的機能は、リングの上側に向かってガス圧力の面積を減少させる方法で開発されている。

フェデラル・モーグル・パワートレインのeLineピストンリングは、現在、短期的な市場導入に備えて検証のために顧客に提供されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Federal-Mogul Powertrain Press Releases
http://federalmogul.mediaroom.com/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • コクミンとロート グランフロントでお土産付きランチ女子会(6月18日)
  • 「老け手」の悩み解決!ハンドケアクリーム「ハンドピュレナ」発売(6月18日)
  • 【奈良県】「 愛犬と楽しむカヤック体験 奈良吉野川」水遊びが大好きなワンコと是非!(6月17日)
  • 鹿島とウィンクスが共同で既存埋設物検知システムを開発(6月13日)
  • 第24回世界バドミントン選手権大会 観戦ツアー開催(6月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ