リファイド ニュース
2018年05月28日(月)
 リファイド ニュース

タイのミャンマー人難民、UNHCRの支援を受けて本国へ帰還

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

タイのミャンマー人難民、UNHCRの支援を受けて本国へ帰還

このエントリーをはてなブックマークに追加
5キャンプから28家族93人が帰還
ミャンマーとタイの両政府が調整したプロセスを通じて、何十年もの間、タイの難民キャンプで生活していた90人以上のミャンマー人難民が、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連難民機関、およびパートナーの支援により、ミャンマー本国へ自発的に帰還した。

リファイド
5つのキャンプを出発した難民は、28家族、93人。彼らは帰還途中で2つのグループに分かれ、カレン州とカヤー州へ向かい、それぞれレセプションセンターで援助を受けたという。

カレン州へ向かった73人は、タイのメーソート(Mae Sot)と国境を接するミャワディ(Myawaddy)からミャンマー入り。残りの20人はカヤー州メーセー(Mese)で歓迎式典とともに迎え入れられた。

UNHCRと国連のパートナー、ならびに非政府組織、地域社会団体は、帰還地域の状況、カウンセリング、交通手段や再統合支援などの情報を提供し、自発的にタイからミャンマーへの帰還を希望する難民を支援している。

平和と安定が優先されることを期待して
UNHCRによると、タイにいるミャンマー人難民は、本国への帰還に関心を示しており、ミャンマー南東部の平和と安定が優先されることを期待して、難民キャンプを後にし、将来の計画を立て始めているという。

UNHCRはミャンマー人難民の本国帰還は、自主的であり安全であることに加え、威厳が守られるように努めている。

ミャンマーとタイの両政府が進める難民帰還は2016年10月に初めて実施され、71人がミャンマーへ帰還。今回はそれに続く2回目の試みとなっている。

なお、UNHCRはミャンマー南東部でコミュニティベースの開発活動をするために、資金援助の増加を主張している。

(画像はUNHCRより)


外部リンク

UNHCR
http://www.unhcr.org/

UNHCRのプレスリリース
http://www.unhcr.org/news/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 省エネで低価格!まぶしさを抑えたLED(5月28日)
  • ボッシュ、中国でインフォテインメントの新工場を稼働(5月28日)
  • 「極意」を紹介。三井和之氏の著書「不動産投資の赤字を脱却するスゴイ方法」(5月25日)
  • インバートコンクリートの長期養生工法「キュアロード」の効果と実用性を確認(5月25日)
  • ローズの日に新品種から作られた『24ROSE』シリーズ誕生(5月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ