リファイド ニュース
2018年02月24日(土)

リファイド ニュース

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活
プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社ゼネラルパートナーズ

障害者の多くは恋愛に意欲的、一方で交際相手がいる人は2割~約500人の障害当事者に聞いた恋愛意識調査~
2018年2月13日 株式会社ゼネラルパートナーズ
Yahoo!ブックマーク  livedoorClip Buzzurl Googleブックマーク ニフティクリップ Flog del.icio.us  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

障害者の就労支援を中心にソーシャルビジネスを展開する株式会社ゼネラルパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤均)は、障害者のライフスタイルへの関心が高まる中、同社が運営する調査・研究機関『障がい者総合研究所』にて、障害者の恋愛についてのアンケート調査を実施しました。その結果、交際相手がいる障害者は2割に留まっており、交際相手がいない人のうち7割以上が交際を望んでいることが分かりました。

報道関係者各位

                                                                                                                          2018年2月13日

                                                                                                株式会社ゼネラルパートナーズ           

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        障害者の多くは恋愛に意欲的、一方で交際相手がいる人は2割

                                  ~約500人の障害当事者に聞いた恋愛意識調査~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

障害者の就労支援を中心にソーシャルビジネスを展開する株式会社ゼネラルパートナーズ

(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤均)は、障害者のライフスタイルへの関心

が高まる中、同社が運営する調査・研究機関『障がい者総合研究所』にて、障害者の恋愛

についてのアンケート調査を実施しました。


その結果、交際相手がいる障害者は2割に留まっており、交際相手がいない人のうち7割以

上が交際を望んでいることが分かりました。


今回の調査は、障害者の恋愛に関する意識や実態を明らかにすることを目的に実施しまし

た。

調査対象者のうち、交際相手がいる人は20%、交際相手がいない人は80%。一般向けに実施

された同様の調査(国立社会保障・人口問題研究所「第15回 出生動向基本調査」)では、

交際相手がいない人の割合は2015年時点で男性70%、女性59%であることから、障害者のほ

うが、交際相手がいない人の割合が高いことが分かりました。一方、交際相手がいない人の

交際意向については、今回の調査対象者の73%が交際を希望しているのに対し、上記一般向け

の調査では半数以下であることから、障害者のほうが「恋愛したい」と考えている様子がうか

がえます。また、これらの「恋愛したい」と考える障害者の約4割が「学校や職場」「一般の

婚活・恋活サービス」などで出逢いを求めたと回答していることから、交際相手を探すため、

実際に行動もしていることが分かりました。

今回の調査を通じ、多くの障害者が、恋愛したいと考えていても、交際できていないことが分

かりました。また、交際を望んでいない人の中には「恋愛するのがこわい」という声も多く、

恋愛に対して前向きになれていない人も多いようです。そのため、交際や結婚につながる出会い

を促進するだけでなく、幸せな恋愛ができている事例など、安心して前に踏み出せるような情報

を提供していくことも必要だと思われます。


■調査概要■

 調査対象:対象:障害者478名  

 調査方法:インターネット調査


■調査結果サマリー

 ・現在 交際相手がいる人は2割、8割は交際相手がいない

 ・交際相手には障害が無い人が68%、何らかの障害がある人が32%

 ・現在 交際相手がいない人のうち、7割以上が交際を望んでいる

 ・交際相手は「学校や職場」「一般の婚活・恋活サービス」で探す人が多い

 ・交際相手を欲しいと思わない理由は、「恋愛が面倒」「交際がこわい」

  《フリーワード》※抜粋

   ・健常者同士ではできることが、自分の障害が壁となりできないことが多々ある     

     (男性/20代/身体障害) 

   ・人と深く関わりたくない。一人でいたいため(女性/20代/精神障害)

   ・他者と過ごすと疲れるため(女性/20代/精神障害)

   ・健常者のなかで自分は恋愛対象に入らないと思う(男性/20代/身体障害)

   ・交際するだけの資金的、精神的余裕がない(男性/30代/精神障害)

   ・理解されにくい病気のため、病気のことを話すのが怖いし、先に結婚の無い交際 

     は年齢的に難しいと思うので(女性/30代/身体障害)

   ・大切に想う人だからこそ、病気で迷惑をかけるのが嫌(男性/30代/精神障害)


【その他、詳細情報は以下のレポートをご覧ください。】

http://www.generalpartners.co.jp/downloads/【Release】障がい者の恋愛に関する調査.pdf


≪株式会社ゼネラルパートナーズについて≫

障害者専門の人材紹介会社として、2003年4月に創業。その後、「就職・転職サイト」

「障害別の教育・研修事業」「就労困難な障害者による農業生産事業」など、幅広い事業

を展開している。これまで就職や転職を実現した障害者の数は5,000人以上。

『誰もが自分らしくワクワクする人生』というビジョンのもと、今後は障害者に限らず、

不登校、ひきこもり、LGBTなど様々な不自由を抱える方々のサポートへ、ビジネスの領域

を広げていく。


会社名 :株式会社ゼネラルパートナーズ  

本社所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋2-4-12 京橋第一生命ビル3F

代表者 :代表取締役社長 進藤均  

業務内容:障害者専門の人材紹介事業、求人情報事業、教育・研修事業、農業生産事業、

調査・研究機関 など

URL :http://www.generalpartners.co.jp/

  

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ゼネラルパートナーズ  広報担当:田島

TEL:03-3270-5573 FAX:03-3270-6600  

Mail:media-pr@generalpartners.co.jp





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ
リファイドニュース新着






























記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ