リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

「シンガポールユースインターナショナル」決勝進出者全て優勝

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

「シンガポールユースインターナショナル」決勝進出者全て優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
決勝を戦った全ての日本選手が優勝
日本バドミントン協会は、11月27日から12月3日まで開催された「バドミントンシンガポールユースインターナショナル2017」の結果を発表した。

リファイド
U15女子シングルスの杉山薫選手、U17女子シングルスの郡司莉子選手、U15男子ダブルスの武井凛生、野口翔平ペア、U17女子ダブルスの高橋美優、杉山薫ペアら決勝戦を戦った選手の全てが優勝を果たした。

準決勝、決勝の戦い
杉山選手は、マレーシア選手との準決勝に、21-13、21-11で勝利。日本選手との対戦となった決勝では、1ゲーム目を先取、2ゲーム目では相手のサーブミスから一気に逆転、21-14、21-19で優勝した。

郡司選手は、台北選手との準決勝で2ゲーム目を落としたが、21-18、19-21、21-12で勝利。決勝ではタイ選手と対戦、2ゲーム目の終盤に追いつかれるが辛くも相手を振り切り、21-13、22-20で優勝を決めた。

武井・野口ペアは、準決勝で安定したレシーブとテンポの良い攻めを展開し、マレーシアペアに21-15、21-15で勝利。決勝ではインドネシアペアを相手に1ゲーム目を落としたものの、その後、落ち着きを取り戻し、19-21、21-13、21-12で優勝した。

高橋・杉山ペアは、準決勝の2、3ゲームとも中盤から流れをつかみ、19-21、21-14、21-14でインドネシアペアを破った。決勝では香港ペアと対戦、2ゲーム目にリードを許したがそこから逆転し、21-15、21-17で優勝を果たした。

(画像は日本バドミントン協会より)


外部リンク

バドミントンシンガポールユースインターナショナル2017
https://www.badminton.or.jp/2017/sgp_youth/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ