リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

鹿島建設、ダムなど大型構造物におけるコンクリート型枠作業の「全自動化」に成功

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

鹿島建設、ダムなど大型構造物におけるコンクリート型枠作業の「全自動化」に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
鹿島建設は、11月29日、北海道三笠市内での「幾春別川総合開発事業の内 新桂沢ダム堤体建設第1期工事」にて、幅15メートルの型枠作業の「全自動化」に成功したことを発表した。

今年5月、同社では大分県大分市での大分川ダム建設工事において、幅15メートルの型枠を、クレーン作業を用いず自動で一括スライドさせることに成功していた。しかし、脱型など一部に人力作業が残されていたことから、「全自動化」に向けた更なる技術開発を進めていた。

リファイド
技術概要
この技術は、作業員1名によるタブレット端末からの作業指示だけで、コンクリート打設後の脱型から、次の打設箇所までのスライド、セットまでの全てを自動で行うシステムだ。

具体的に、全自動化には、クレーン作業を伴わない型枠のセルフクライミング装置に加えて、重力式コンクリートダムで用いられる幅15メートルの大型鋼製型枠の脱型、スライドのための水平移動、次の打設箇所におけるセット、それぞれの作業に電動モーターを活用。

ダムフォームをスライドさせる際にズレを防止する同調制御や、型枠セット時の位置合わせを、ミリ単位で調節することも可能だという。

生産性の向上に大きく貢献
建設業では現在、技能労働者不足と生産性向上に即した技術開発が課題として挙げられている。

同社では、今後も自動化施工技術の開発を更に推進し、型枠セット時の測量も含めた幅60メートルの型枠作業の全自動化を目指す考えだ。

(画像は鹿島建設のホームページより)


外部リンク

鹿島建設 プレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/201711/29c1-j.htm


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ