リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

大和ハウス工業など中部エリアでは最大級のマルチテナント型物流施設を建設

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

大和ハウス工業など中部エリアでは最大級のマルチテナント型物流施設を建設

このエントリーをはてなブックマークに追加
東日本と西日本を結ぶ大型物流施設が誕生
大和ハウス工業、東急不動産、日立キャピタル、ecoプロパティーズは11月10日、三重県桑名市においてマルチテナント型物流施設「(仮称)桑名プロジェクト」の建設に着手したと発表した。

「(仮称)桑名プロジェクト」は敷地面積が約7万平米、延床面積が約15万8,000平米。中部エリアでは最大級のマルチテナント型物流施設となる。

東名阪自動車道「桑名インターチェンジ」と「桑名東インターチェンジ」から車で約10分に位置し、名古屋市内や名古屋港へのアクセスが良好。「東海環状自動車道」や「新名神高速道路」が2020年と2023年に全線開通すれば、交通利便性が一層高まり、東日本と西日本の新たな結節点として機能することになる。

リファイド
大型車両が各階に直接アクセスできるダブルランプウェイを採用
「(仮称)桑名プロジェクト」は地上6階建てで、各階の倉庫スペースは区割りで利用できる。1区画は約4,600平米から利用でき、最大で20テナントの入居が可能だ。

1階には低床式、上階には高床式のトラックバースを設け、大型車両が各階に直接アクセスできるダブルランプウェイを採用。

また施設内には垂直搬送機を設置し、1つのテナントが上・下階の複数フロアを利用する際の利便性にも配慮した。さらに、BCP対策として非常用発電機や井水設備も導入する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

大和ハウス工業株式会社、東急不動産株式会社、日立キャピタル株式会社、株式会社ecoプロパティーズのプレスリリース
http://www.tokyu-land.co.jp/news/20171110.pdf


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ