リファイド ニュース
2018年02月26日(月)
 リファイド ニュース

住友林業、インドネシア住宅市場へ参入

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

住友林業、インドネシア住宅市場へ参入

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャカルタ中心部へのアクセスが良好な郊外の戸建住宅に人気
2017年11月2日、住友林業株式会社は、100%子会社のSumitomo Forestry(Singapore)Ltd(以下、SFS社)を通じ、インドネシア共和国で戸建分譲住宅事業(以下、同事業)を開始すると発表した。

安定的な経済成長が続く同国において、人口が増加傾向にあり、高速道路や高架式の次世代型交通システムLRTなど交通インフラの整備が進んでいるジャカルタ首都圏では、ジャカルタ中心部へのアクセスが良好な郊外の戸建住宅に人気が集まっている。
リファイド
戸建分譲住宅事業の概要
同事業は、同国の上場不動産開発会社Pt. Summarecon Agung Tbk(以下、スマレコン社)との共同事業で、スマレコン社が2010年から開発している「スマレコン・ブカシ・タウンシップ」事業地内に所在し、ジャカルタ中心部から約15~20km、鉄道で約25分の距離に位置し、通勤利便性に優れている。

また、開発エリア内では循環バスにより商業施設や鉄道駅等へのアクセスが容易であり、中心部にショッピングモール・付近にはホテル及び高層コンドミニアムが建設されている。

なお、分譲住宅は、総戸数約160戸・敷地面積約44,000平方メートルで、鉄筋コンクリート造・地上2階建ての住居構造だ。

第一期販売開始は2018年7月で、2021年中の販売完了を目指している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

住友林業 ニュースリリース
http://sfc.jp/information/news/2017/2017-11-02-01.html


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • ヤンゴン環状鉄道改修プロジェクトが本格稼働(2月26日)
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ