リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

ロヒンギャの人々に関する報告書「決して忘れられない恐怖」が発表

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

ロヒンギャの人々に関する報告書「決して忘れられない恐怖」が発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロヒンギャの子どもや女性から得られた数々の証言
子どもの権利を実現するための活動を行う国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」(以下、同組織)は11月17日、ロヒンギャの人々に関する報告書「決して忘れられない恐怖」を発表した。

リファイド
同組織のスタッフらが、バングラデシュへと避難してきたロヒンギャの子どもや女性に対してインタビューをしたところ、数々の証言が得られた。

16歳の女性は、兵士らから性的暴行を受け、肋骨を1本折られて激しい痛みを感じ、呼吸が困難な状況になったという。

また12歳の人は、兵士が村人を殺害し始めたことに気づき、村から逃げ出した。逃げている途中に通りかかった村では、貯水池に50人以上の遺体が浮いており、一生忘れられない恐怖を感じたという。

セーブ・ザ・チルドレン 暴力について非難を表明
同組織のインターナショナル事務局、ヘレ・トーニング=シュミット局長は、ロヒンギャの子どもらは、子どもが体験すべきではない体験をしてしまったこと、そして、それらの体験によって、トラウマに苦しんでいる子どもが多いことを訴えた。

また、同局長は、ラカイン州北部の暴力を即時停止し、人道支援を実施すること、さらに、ロヒンギャの子どもらの生活再建が重要であることも訴えた。

同組織は、ロヒンギャの人々が受けた暴力に対し、明確に非難すると表明している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

セーブ・ザ・チルドレン スタッフブログ
http://www.savechildren.or.jp/scjcms/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ