リファイド ニュース
2018年02月25日(日)
 リファイド ニュース

ユニセフ、20万人の子どもの教育支援を 学習センター設置を計画

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

ユニセフ、20万人の子どもの教育支援を 学習センター設置を計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
1,300カ所の学習センターで教育を支援 安全な養育環境を
世界中の子どもたちの命と、健康を守るために活動する、公益財団法人日本ユニセフ協会(以下、ユニセフ)が、ロヒンギャ族の子どもの教育支援をするため、1,300カ所の学習センターの設置計画があることを、2日のプレスリリースで発表した。

暴力などから逃れるため、ミャンマーからロヒンギャ族が越境してきており、その中には多くの子どもがいる。そんな子どもたちに、安全な養育環境を届けるべく、ユニセフは難民キャンプや仮設居住地に、1,300カ所の学習センター設置を計画していることを明かした。

リファイド
182カ所に1万5,000人 20万人の子どもへ教育支援を
ユニセフは既に、コックス・バザールの難民キャンプや仮設居住地において、182カ所の学習センターを設置。そこでは、1万5,000人の子どもが学習している。今回の計画などを実現し、来年にかけて20万人の子どもが、教育を受けられる環境の構築を目指していく。

英語、数学、国語、科学などの通常授業に加え、衛生習慣や生活に必要なスキルを学ぶことができる場所となっており、心理社会的カウンセリングも受けられる。

ユニセフは、教育を受けている4歳から14歳までの子どもへ、本、ペン、色鉛筆などといった学習用品の支援も行っている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

公益財団法人日本ユニセフ協会のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • 難治性褐色細胞腫を対象とした臨床試験を開始(2月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ