リファイド ニュース
2017年12月13日(水)
 リファイド ニュース

武田薬品工業、relugolixは子宮筋腫などの症状改善に良好

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

武田薬品工業、relugolixは子宮筋腫などの症状改善に良好

このエントリーをはてなブックマークに追加
子宮筋腫を対象とした臨床第3相検証試験の主要評価項目で良好な結果
武田薬品工業株式会社は10月3日、ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH:Gonadotropin-Releasing Hormone)受容体拮抗薬relugolixの子宮筋腫を対象とした臨床第3相検証試験において、主要評価項目で良好な結果を得た、と発表した。

リファイド
relugolix投与群の82.2%が月経時出血量減少
Relugolix(TAK-385)は、下垂体のGnRH受容体を阻害して、黄体形成ホルモン(LH)や卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を阻害するため、エストロゲン・プロゲステロンが抑制され、子宮筋腫や子宮内膜症の改善する、と期待される。

臨床第3相検証試験(TAK-385/CCT-002試験)は、症状のある子宮筋腫を有する日本人女性を対象に、relugolix投与群と、対照群となるリュープロレリン酢酸塩の投与群を比較する、無作為化、二重盲検、並行群間、多施設共同試験である。

Relugolixを経口投与した投与群と、リュープロレリン酢酸塩を注射薬として投与した対照群、両群あわせて約280名を対象に24週間実施された。

その結果、主要評価項目のPBACスコアは、対照群83.1%と比較して、relugolix群82.2%と統計学的に非劣性であることを示した。つまり、relugolix投与群患者の82.2%は、月経時出血量が減少した。

副作用として、不正子宮出血、ほてり、月経過多、頭痛などが比較的多く認められたが、安全性プロファイルと同様であったとのこと。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

武田薬品工業株式会社のニュースリリース
http://www.takeda.co.jp/news/2017/20171003_7850.html


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • リープトンエナジー、『第2回(高性能)住宅設備EXPO』で太陽光発電システム搭載カーポートなど出展(12月12日)
  • コンティネンタル、CES 2018で包括的接続体験デモカーを実証(12月12日)
  • 血友病A治療薬「エミシズマブ」、第3相治験で良好な中間解析結果が示す(12月10日)
  • 「ケアとテクノロジー(人間らしい思いやりの技術)」1月に開催(12月9日)
  • ソーラーフロンティアとデルタエレクトロニクス、 タイの太陽光発電プロジェクトで協力(12月8日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed news.leaf-hide